【コラム】いまだ「コリア」といえば北朝鮮を思い浮かぶ私の友達

【コラム】いまだ「コリア」といえば北朝鮮を思い浮かぶ私の友達

2017年08月10日11時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  私が「韓国に住んでいる」と言うと「ひょっとして北朝鮮に住んでいるのか」と尋ねる故郷の友達がまだ多い。「2017年にこのように無知なことがあるか」という考えで腹が立つ。だが、故国の一般人は主に北朝鮮のニュースに接している。私も大学入学前まで韓国についてあまり知らなかった。欧州人はほとんど韓国の実状をよく知らない。

  私が韓半島(朝鮮半島)の状況を理解し始めたのは10年前、中国に留学していた時だった。その前には私もメディアの影響で北朝鮮について歪曲されて曖昧なイメージしか持っていなかった。丹東市朝中友誼橋で初めて北朝鮮の地を眺め、抗米援朝記念館で中国の立場から見た韓国戦争(朝鮮戦争)を知るようになった後、休戦を肌から感じることができた。

  過去10年間、韓国で生活しながら徐々に状況を把握してきた。最初は韓国のように豊かな国がいまだ休戦中というのがどのような意味なのか気になって周りに聞いてみた。彼らも思ったより北朝鮮に気を遣っていないようだった。韓国に住んでいる外国人は韓国が安全な国ということに気付く。わが両親も最初はイタリア新聞に北朝鮮がミサイルを発射するというニュースが出るたびに心配そうな声で「早く戻りなさい」と言ったりした。今はそのようなニュースが出ても動揺しない。

  韓国が好きでここに暮らしている外国人は、不正確な報道と北朝鮮の否定的なイメージのため、韓国まで打撃を受けていることを見ると、もどかしくて悲しい。韓国に住んでいる普通の外国人として2つの願いがある。メディアが海外に北朝鮮の実状を正確に知らせてほしい。もちろん、容易ではないかもしれない。だが、北朝鮮問題に対する国際討論の場で大韓民国の声がより大きくなってほしい。

  二番目に、外信記者が北朝鮮の状況をもう少し慎重に報道してほしい。韓半島(朝鮮半島)の歴史・文化を調べて必要以上に不安をあおるような記事を書かないでほしい。外国人にとって南北関係は数多くの国際イシューの一つに過ぎないが、韓国、北朝鮮の人々には重要なことだ。最近、海外のメディアは北朝鮮のニュースを扱う時、当事者である韓国よりは米国・中国など他の国のイシューのように報じる傾向がある。一刻も早く民族・言語・歴史・文化が同じ両国の国民が干渉されずにこの状況を解決していくことを願う。

  アルベルト・モンディ/イタリア人・JTBC『非首脳会談』出演者
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事