故チェ・ジンシルさんの遺骨盗難、遺族衝撃

故チェ・ジンシルさんの遺骨盗難、遺族衝撃

2009年08月15日15時33分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  故チェ・ジンシルさんの遺骨が盗難に遭い、遺族とファンが衝撃を受けている。果たして誰がどんな理由で盗んだのかに捜査の焦点が集まっている。

  現場を捜査中の警察によると、チェ・ジンシルさんの墓所は南側壁面が壊され、遺骨の入った壺が消えた状態だった。墓所の中央に空の焼酎のびん2本が発見され、指紋などの手がかりが残っていないか鑑識を要請した。

  大理石などで作られた大きな墳が壊され、掘り返されていたことから、力の強い男の犯行とみている。しかし13日から監視カメラが作動していなかったことがわかり、手がかりを見つけるのも容易ではない状況だ。

  墓所の毀損された時間は14日夜から15日未明の間とみられている。所属事務所の関係者が14日、墓所を訪れたときには被害はなく、墓のある甲山公園関係者が、毀損されたのを見つけて警察に届け出たのが15日午前8時30分ごろだったからだ。

  一方、衝撃的な事実に接し、現場に向かったチェ・ジンシルさんの遺族たちは悲嘆を禁じえないという。チェ・ジンシルさんの母親チョン・オクスクさんは「一体どうなっているのかわからない」とし、「夏の夜の夢」で活動を再開したばかりの弟のチェ・ジニョンさんも大きい衝撃に陥っているということだ。

  故チェ・ジンシルさんは昨年10月2日、ソウル蚕院洞(チャムウォンドン)の自宅で死亡しているのが発見され、大きな衝撃を与えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事