文大統領、13日に中国を国賓訪問…習主席と首脳会談

文大統領、13日に中国を国賓訪問…習主席と首脳会談

2017年12月06日15時48分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
11月11日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席した文在寅(ムン・ジェイン)大統領と中国の習近平国家主席が、ベトナム・ダナンのクラウンプラザホテルで首脳会談の前に握手を交わしている。(中央フォト)
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領が13日、中国を国賓訪問する。訪中期間に文大統領は習近平国家主席と首脳会談を行う。

  青瓦台(チョンワデ、大統領府)の朴洙賢(パク・スヒョン)報道官は6日午後の記者会見でこのように明らかにし、「文大統領は習主席との首脳会談と国賓晩餐、そして李克強首相をはじめとする中国指導者らと会い、国交正常化25周年を迎えた韓中関係の発展の現況を評価し、未来の発展方向を協議する予定」と述べた。

  朴報道官は「これとともに、北核問題を平和的に解決し、韓半島(朝鮮半島)の平和を定着させるための協力案と、域内および国際問題などさまざまな相互関心事についても協議する」と説明した。

  文大統領は中国北京を訪問した後、15、16日には中国の一帯一路および西部大開発の拠点であり韓国独立運動の歴史を持つ重慶も訪れる予定だ。

  朴報道官は「文大統領の今回の訪中は就任後初めてであり、首脳間の信頼と友情を深め、これに基づいて両国間の交流と協力を正常軌道に早期に発展させていく転機の用意すると期待する」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事