旭日旗破る場面で予告から話題の韓国映画『軍艦島』

旭日旗破る場面で予告から話題の韓国映画『軍艦島』

2017年06月16日07時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
映画『軍艦島』予告編キャプチャー
  リュ・スンワン監督の映画『軍艦島』のメイン予告編が14日に公開された後、オンラインで熱い反応が相次いでいる。『軍艦島』は、日帝強占期に軍艦島(端島)に強制徴用されたおよそ400人の朝鮮人が命がけで島からの脱出を図ろうとする過程を描いた映画だ。

  公開された予告編は、日帝軍国主義を象徴する旭日旗を破る場面が登場して特に目を引いている。予告編を見たネットユーザーは「旭日旗を破る場面で鳥肌が立った」「予告編だけ見ても涙が出る」「予告編で泣いたのは初めてだ」など期待を示した。ポータルサイトのネイバーTVを通じて公開された予告編は公開翌日の15日には再生回数90万回を突破して『軍艦島』に対する関心を立証した。

  一方、15日午前にソウル国立中央博物館の劇場「龍」で開かれた映画『軍艦島』の制作報告会で、リュ・スンワン監督は「いま現在の韓国映画で作りえる極限ラインに挑戦した。皆さんに誇れるほどの、それなりの結果は出したと自負している」とし「バックグラウンドの一番前面にいる人物一人ひとりが演技をしている姿を見ることができるだろう」と自信を持った。同作には俳優ソン・ジュンギやファン・ジョンミン、ソ・ジソブなどが出演する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事