韓経:アップル・中国に供給するOLEDは別物…LGディスプレイの訳あり「差別」

韓経:アップル・中国に供給するOLEDは別物…LGディスプレイの訳あり「差別」

2017年04月19日11時12分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  LGディスプレイが今年から中小型有機発光ダイオード(OLED)市場に本格的に注力する。関連市場の97%以上を掌握したサムスンディスプレイに対抗し、徐々にシェアを拡大していく計画だ。

  目を引くのは顧客によって異なる蒸着装置を使用する点だ。中国スマートフォンメーカーには韓国ソンイクシステム、アップルには日本キヤノントッキの蒸着装置を使用して生産したOLEDパネルを供給する。

  蒸着装置はOLED生産の核心だ。スマートフォン用OLEDはプラスチックの一種のポリイミドという素材の上に電気を供給する薄膜トランジスター(TFT)を付け、ここに色を表現するOLED粒子を付着して作る。この過程で蒸着装置はOLED粒子を付着する役割をする。温度など製作条件が少しでも合わなければ製品は使用できなくなる。長さ100メートル前後の巨大な装備で、価格は1台あたり数千億ウォンもする。

  LGディスプレイは昨年下半期、亀尾(クミ)E5ラインにソンイクシステムの第6世代OLED蒸着装置を設置した。坡州(パジュ)E6工場には最近、キヤノントッキの蒸着装置を導入することにした。LGディスプレイがそれぞれ異なる蒸着装置を使用するのはアップルの要求のためだ。業界の関係者は「アップルがLGディスプレイ側に対し、自社に供給するOLEDはキヤノントッキの蒸着装置でのみ生産してほしいと要求したと聞いている」とし「グローバル下請け企業を相手に部品工程段階を自社が望む形にするよう要求する慣行のため」と話した。キヤノントッキはサムスンディスプレイが2007年にOLEDを世界で初めて量産する時から蒸着装置を供給してきた。このためキヤノントッキの蒸着装置で生産したOLEDは相対的に品質が高いという評価を受けている。

  OLEDに中国企業が高い価格を払うのが難しいという点も理由だ。LGディスプレイが共同技術開発を通じて国産化したソンイクシステムの蒸着装置の価格はキヤノントッキの蒸着装置よりも安い。それだけ安い価格でOLEDを供給できる。電子業界の関係者は「プレミアム製品の価格もiPhoneの50-60%水準である中国スマートフォンメーカーがアップルと同じ蒸着装置を使用するのは難しい」と話した。

  蒸着装置市場でのキヤノントッキの優位は、サムスンディスプレイの強みになる見込みだ。アップルなどを相手に高い品質のOLEDを供給するにはキヤノントッキの蒸着装置が必須となる。サムスンは昨年初め、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長がキヤノントッキ日本本社まで訪問して協力関係を結んだ。キヤノントッキが生産する蒸着装置の大半の供給を受けることができる。一方、LGディスプレイがキヤノントッキから受けることができる蒸着装置は年に1台ほどにすぎない。しかもBOEなど中国企業と競争して受ける。

  キヤノントッキから追加で供給を受けるのが容易でないLGディスプレイは、ソンイクシステムの蒸着装置の生産性と信頼性を一日も早く高めなければならない課題を抱えている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事