韓国自動車4社労組が相次ぎ反旗…販売急落

韓国自動車4社労組が相次ぎ反旗…販売急落

2019年04月11日08時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の主要自動車メーカーで労使対立が激化している。生産への影響が長期化し地域経済に及ぼす影響も深刻な水準に陥っている。

  ルノーサムスン企業労働組合(ルノーサムスン労組)は10日、53回目の部分ストに突入した。昨年6月以降10カ月にわたり進行中である賃金・団体協約交渉に向けた実力行使だ。9日の25回目の交渉でルノーサムスン労組は人事権を追加で要求した。労働者を転換配置する場合に労組の合意を受けなければならないという内容だ。ルノーサムスンのイ・ギイン製造本部長(副社長)は「労使交渉・ストの長期化に責任を痛感する」として辞表を提出した。

  ルノーサムスン釜山(プサン)工場は存廃の岐路に立たされている。釜山工場で生産する日産自動車の準中型スポーツ多目的車(SUV)「ローグ」の生産契約が9月で終了する。ルノーグループ本社は先月ローグの委託生産台数を10万台から6万台に縮小した。ルノーサムスンはローグの委託を一時的に追加割り当てを受ける案を推進したが労使対立長期化で事実上難しくなった。

  民主労総韓国GM支部(韓国GM労組)もストを摸索中だ。組合員を対象に争議行為の賛否を問う投票の時期を調整している。新設法人GMテックコリアの団体交渉をめぐり労使対立が深化したためだ。これまで8回にわたり進めた労使交渉で韓国GM労使はGMテックコリアが提示した団体協約改定案を撤回するよう要求した。

  現代・起亜自動車も状況は大きく変わらない。民主労総起亜自動車支部(起亜自動車労組)は定期代議員大会で米国工場で製造する「テルユライド」「SP2」など一部車種の生産中断を要求した。海外生産車種を韓国国内で作るようにという要求だ。

  前任起亜自動車労組執行部は該当車種を米ジョージア工場で生産する案に合意した。大型SUVのテルユライドが北米専用車両であるためだ。小型SUVのSP2を華城(ファソン)・インド工場でそれぞれ生産する案も同意した。韓国の自動車をインドに輸出する場合、関税がかかり価格競争力を失うためだ。起亜自動車団体協約は新車生産工場を配分する際の労組との合意を規定している。

  現代自動車蔚山(ウルサン)工場でも連日集会が続いている。民主労総現代自動車支部(現代自動車労組)は光州(クァンジュ)型雇用を阻止するため「3年総力闘争」を宣言した。現代自動車労組は会社側に「労働者1万人を新規雇用せよ」と要求している。2025年までに1万7500人が定年退職するためだ。現代自動車・起亜自動車は早ければ来月2019年賃金(団体)交渉を始める。

  韓国の自動車メーカー労使が対立する間に販売台数も打撃を受けている。ローグ輸出台数が減少したルノーサムスンの先月の内外販売台数1万2796台は前年同期比49%の減少だ。一時韓国車業界で不動の3位だった韓国GMは内需販売6420台で「不動の最下位」が定着した。起亜自動車の先月の販売台数4万4233台も前年同月比8.9%減少した。現代自動車は販売台数が6.7%増えたが稼げない。昨年国内工場は創立44年で初めて593億ウォンの営業損失を記録した。

  地域経済に及ぼす後遺症も激しい。釜山商工会議所によるとルノーサムスンがストを始めてから30社ほどの協力会社は納品量が15~40%減少した。車が売れず韓国GMは富平(プピョン)第2工場と昌原(チャンウォン)工場の生産縮小を考慮している。仁川(インチョン)商工会議所によると仁川の自動車部品メーカーの4-6月期景況指数(BSI)は50を記録した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事