哨戒機照準問題…日本、証拠出せない理由が何かあるのか

哨戒機照準問題…日本、証拠出せない理由が何かあるのか

2019年01月17日07時54分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国海洋警察の5000トン級海洋警備艦艇「三峰号」
  日本が韓国海軍艦艇「広開土大王(クァンゲト・デワン)」による哨戒機照準問題に関連し、レーダー情報を勘違いしていた可能性が提起されている。先月、東海(トンへ、日本名・日本海)沖で漂流中だった北朝鮮船舶を救助するために現場で救助活動を行っていた韓国海警艦〔三峰号(サムボンホ)〕から出ていたレーダー波を海軍艦艇の射撃統制レーダーと認識していたかもしれないという指摘だ。日本が今回の問題に終止符を打つことができる決定的証拠(スモーキングガン)の役割が可能な哨戒機の受信情報を出すことができないのも、誤解事実を把握したためかもしれないというのが軍事専門家の見方だ。

  今月14日、韓国と日本は葛藤を縫合するために第3国であるシンガポールで午後遅くまで協議を行ったが、この席で韓国代表団は日本哨戒機のレーダー波の受信情報を公開するよう日本側に要求した。だが、日本はこれを拒否して、むしろ韓国艦艇のすべてのレーダー情報を開示するよう求めた。政府当局者は「日本がスモーキングガンを公開すれば、それが艦艇のことなのか警察艇のことなのか、すぐに確認が可能だ」とし「かえって公開が不可能な軍事保安事項であるレーダー情報を公開するよう無理な要求で一貫した」と伝えた。韓国国防部は昨年末、日本の主張に反論する動画を製作して配布したことに続き、論争が続くと16日、日本の主張に反論した。

  韓国政府は日本の主張に反論するために別の資料も準備したという。まず、日本側が使った表現だ。通常、射撃統制レーダーに捉えられて襲撃状況になれば「ロックオン(lock-on)」という表現を使うが、日本は「コンタクト(接触、contact)」という表現を使ったというのだ。軍関係者は16日、「日本側が哨戒機照準の根拠としてIバンド電磁波に接触したという点を挙げている」と指摘した。

  また、日本側が公開したレーダーに警報音が鳴らなかったことも射撃威嚇を受けるほどの危険状況ではなかったという傍証だというのが韓国政府の立場だ。

  国防部当局者は「ミサイル攻撃のためのレーダー波を日本哨戒機が探知したなら、哨戒機機内に警報音が鳴ったり警報灯がついたりしたはずだが、日本が威嚇を受けたとして公開した動画にはこのような場面が出てこない」とし「シンガポール実務会議(14日)でこのような内容を指摘すると、日本側からはこれといった回答がなかった」と付け加えた。

  反面、韓国は状況が発生した当時、最初から三峰号で使用されたものと類似の周波数を持つ射撃統制レーダーを使わなかったという立場だ。軍関係者は「艦艇から空中の物体を射撃するために使うレーダーはSTIR-180レーダー」とし「これは海警艦のIバンド帯域だが、当時海軍艦艇(広開土大王)で唯一作用したレーダーは探索用のMW-08でIバンドではなくCバンド帯域」と説明した。海軍艦艇はCバンドを、ミサイルを搭載していない海警艦はIバンドレーダーを使っていたが、日本が勘違いした可能性があるということだ。

  しかし、艦艇が航空機攻撃用スパローミサイルを撃つために稼動するSTIRレーダーは海警艦や一般商船で使うIバンドとは明確な違いがあるという。広開土大王と同じ種類の艦艇で艦長の経験がある予備役海軍大佐は「STIRレーダーは出力があまりにも強いため、哨戒機が探知した場合、レーダースコープには水平な1つの列で現れる」とし「しかし、一般Iバンドレーダーだと地震波のような高低がある電波信号を送るため、専門家がこれを見たとすれば誤解しにくい状況」と説明した。日本がこれを知りつつも意図的に外交的な問題提起に出た可能性があるということだ。

  韓国と日本のきっ抗した対立で真実攻防は今後も続く見通しだ。実際、日本防衛省はこの日、韓国大使館の武官を防衛省に呼び、「韓国側が誤った情報を発表した」と抗議したと共同通信が伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事