SEVENTEEN、初ワールドツアーに計20万人の観客動員 

SEVENTEEN、初ワールドツアーに計20万人の観客動員 

2017年10月10日17時12分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
SEVENTEENの初ワールドツアー。
  韓国アイドルグループのSEVENTEENが最初のワールドツアー「SEVENTEEN 1ST WORLD TOUR ‘DIAMOND EDGE’」を盛況裡に終了した。

  SEVENTEENは7月、ソウルコンサートを皮切りに、日本、タイ、香港、米国、カナダ、チリ、シンガポールなどをはじめ、6日フィリピン・マニラコンサートまで計14の都市で20万人の観客を動員、全世界で多くのファンたちを魅了させ、最初のワールドツアー「DIAMOND EDGE」を終えた。

  SEVENTEENは今回のワールドツアーでSEVENTEENならではの舞台とトークで全世界のファンたちと疎通して多彩な公演を披露した。また、SEVENTEENはヒップホップユニット、パフォーマンスユニット、ボーカルユニットの3つのユニットと一つのSEVENTEENとして爽やかな雰囲気からパワフルな魅力まで、各国ごとに毎度様々な魅力を見せてコンサート現場をより盛り上げた。

  SEVENTEENはファンたちと特別に交感するためにメンバーが交代でコンサートの途中に独特なトークタイムを設けたのはもちろん、各国で多様なファンサービスを提供してファンたちと意味深い時間を過ごした。それだけでなく、ワールドツアーのタイトルである「DIAMOND EDGE」に合うスローガンを直接作ってファンたちと一つになる姿も見せ、コンサートの後半にはファンソングを一緒に歌いながらファンたちに向けた格別な愛情を見せた。

  すでにデビュー3年目になったSEVENTEENは最初のワールドツアー「DIAMOND EDGE」で多様で派手な公演と共にファンたちと一つになる交感を試み、計20万人という観客数を動員した。また、タイなどの多くの国の数多くのメディアが取材を要請するほど、現地での熱い反応からもう一度国内外の人気を得ているアイドルであることを証明することができた。

  初ワールドツアーにもかかわらず彼らならではの独歩的な舞台で、国内外で大々的な人気を得てきたSEVENTEENが11月に発売されるアルバムを通じてどれほど発展し成長したアーティストとしてカムバックするか、歌謡界はもちろん大衆の注目が集まっている。

  一方、SEVENTEENは11月のカムバックを控えて新アルバムを準備中だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事