<米朝首脳会談>金正恩氏「重大な変化ある」、トランプ氏「誰も予測できない水準」…合意文に署名

<米朝首脳会談>金正恩氏「重大な変化ある」、トランプ氏「誰も予測できない水準」…合意文に署名

2018年06月12日15時18分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
トランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が米朝首脳会談の合意文に署名した。(写真=JTBCキャプチャー)
  トランプ大統領と金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が米朝首脳会談の合意文に署名した。

  トランプ大統領は12日午後1時49分(現地時間)、シンガポール・セントーサ島のカペラホテルで米朝首脳会談合意文に署名する際、「この文書は非常に包括的な内容を盛り込んでいる」とし「北朝鮮と非常に素晴らしい対話をし、良い関係を構築した」と述べた。金委員長は「重大な変化を見ることになるだろう」とし「きょうは歴史的な会談」と語った。

  合意文で「完全な非核化」をめぐる合意がどれほどの水準かは明らかでないが、その後の記者会談で詳しい内容が伝えられるという。当初、非核化をめぐる表現について北朝鮮は「完全な」、米国は「完全で検証可能かつ不可逆的(CVI)を要求していた。

  両首脳はこの日午前10時8分ごろに会い、歴史的な最初の会談をした。すべての発言でトランプ大統領は「共に協力し、必ず成功するだろう。過去に解決できなかったいくつかの難題を解く」と述べ、金委員長は「この席で向かい合って座ったのは平和の前奏曲。巨大な事業が始まるだろう」と答えた。トランプ大統領は金委員長のこの言葉に同意を表示したりもした。

  その後、両首脳は単独首脳会談をした後、拡大首脳会談、昼食会を行った。トランプ大統領と金委員長がホテル内を散策する姿を放送局のカメラがとらえたりもした。両首脳は通訳なしにホテル内の散策コースを共に歩く姿を演出したりもした。

  トランプ大統領は記者らに「素晴らしい会談だった。もうすぐ署名する」と述べた。両首脳はしばらく離れた後、ホテル内の合意文署名場所に登場した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事