<平昌五輪>日本のシュート107本を防いで全身あざだらけ…南北合同チーム戦力の8割はGK

<平昌五輪>日本のシュート107本を防いで全身あざだらけ…南北合同チーム戦力の8割はGK

2018年02月02日15時20分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
平昌五輪南北合同チームのGKシン・ソジョンは昨年7月に江陵で行われたスウェーデンとの親善試合(1-4敗)で有効シュート58本のうち53本を防いだ。
  「私の誕生日だけど…歯が痛い」。北朝鮮女子アイスホッケー代表の主将チン・オク(28)は先月29日、虫歯による痛みを訴えた。平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)女子アイスホッケー合同チームに加わった北朝鮮選手12人は先月25日に鎮川(ジンチョン)選手村に到着した当時、「何も言うことはない」と警戒心を見せていた。

  しかし大韓体育会が歯科専門医を呼んでチン・オクの歯を治療し、その日の晩に韓国選手がサプライズ誕生日パーティーまで開くと、北朝鮮選手たちの態度が少しずつ変わり始めた。北朝鮮の選手は国際オリンピック委員会(IOC)から提供されるため装備を持たずに韓国入りした。大韓アイスホッケー協会が選手別に装備を合わせると、北朝鮮選手たちの心の壁も崩れた。ロッカールームではK-POPが流れ、南北の選手は年齢の話をしながら「先輩」「後輩」を確認し始めた。

  合同チームは4日に仁川(インチョン)仙鶴(ソンハク)競技場でスウェーデンと強化試合を行う。韓国は世界22位、北朝鮮は25位だ。ある国内アイスホッケー関係者は「グループリーグでスウェーデン(6位)、スイス(5位)、日本(9位)と対戦すれば、合同チームが5点差以上で負けるかもしれない。合同チームの意味が薄れないか心配だ」と話した。

  こういう状況だからこそ合同チームのゴーリー(ゴールキーパー、GK)シン・ソジョン(28)の役割が重要だ。アイスホッケーでGKは戦力の60%以上を占める。ところが韓国アイスホッケー関係者らは「シン・ソジョンは代表チームの戦力の80%以上」と話す。シン・ソジョンは昨年7月、スウェーデンとの親善試合(1-4敗)で有効シュート58本のうち53本、93.1%を防いだ。

  GKの服装が変身ロボットのようにかっこよく見えてアイスホッケーを始めたというシン・ソジョンは中学1年で太極マークを初めて付けた。今年で韓国代表17年目だ。

  シン・ソジョンの歩んできた道は大韓民国の若者の厳しい生活を代弁している。シン・ソジョンは高校3年の時、父を心筋梗塞で亡くした。お金を稼ぐためにインラインスケートを教えるアルバイトもした。15キロ以上の装備を持ってバスに乗ったりもする。淑明女子大体育教育学科4年で休学し、男子アイスホッケー漢拏(ハルラ)でインターン社員として勤務したりもした。

  2007年のアジア競技大会で韓国は日本に0-29で惨敗した。その当時、日本の有効シュートは136本。なんと107本のシュートを体で防いだということだ。シュートは速度は100キロを超える。シン・ソジョンは「当時は全身があざだらけになった。しかしそれ以上に痛みを感じたのは『ビジョンもないのにどうしてするのか』という冷たい視線だった」と振り返った。

  シン・ソジョンはアイスホッケー留学のために自分のプレー映像を自ら編集してカナダの大学に送った。シン・ソジョンはカナダ南東ノバスコシア州の大学に2013年に入学し、正GKとして活躍した。2016年には北米女子アイスホッケーリーグのニューヨーク・リベターズに入団した。年俸1500万ウォン(約152万円)では生活が厳しく、家で一人で食事を解決した。

  シン・ソジョンは昨年のインタビューで「平昌五輪を最後に代表チームから引退しようかと考えている」とし「ほかの人たちは無謀な挑戦というが、私には無限の挑戦。平昌で1勝する奇跡を起こしたい」と話した。シン・ソジョンが競技で使うマスクには亡くなった父と韓国を象徴する韓服を着た女性の絵が入っている。シン・ソジョンは「亡くなった父が天国から自分を見守ってくれていると信じる」と語った。

  シン・ソジョンは先月30日、インスタグラムに英語でこのようなコメントを載せた。「私は最後の防御ラインに立っている。私が防御するゴールクリースは私の家だ。招待されなければ、いかなるものもここに入ってくることはできない。私はゴーリーだ」。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 平昌五輪南北合同チームのGKシン・ソジョンは昨年7月に江陵で行われたスウェーデンとの親善試合(1-4敗)で有効シュート58本のうち53本を防いだ。
  • 北米女子アイスホッケーリーグ、 ニューヨーク・リベターズで活躍したシン・ソジョン。
  • シン・ソジョンのマスク。後ろには亡くなった父の絵、横には韓国を象徴する韓服を着た女性の絵が入っている。(写真=平昌オリンピック組織委員会)