トランプ大統領と電話→北朝鮮に通知→特使団発表…青瓦台、対話ムード継続しようと速戦即決

トランプ大統領と電話→北朝鮮に通知→特使団発表…青瓦台、対話ムード継続しようと速戦即決

2018年03月05日13時04分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  5日の特別使節団の平壌(ピョンヤン)派遣で韓半島(朝鮮半島)情勢に決定的な1週間が始まる。米朝対話の糸口を見つけられるか今週にも輪郭が現れる見通しだ。

  特使団訪朝決定を前後した青瓦台(チョンワデ、大統領府)の動きは速戦即決に近い。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は1日夜にトランプ米大統領との電話会談で初めて特使団派遣計画を明らかにした。平昌(ピョンチャン)冬季五輪閉会から4日ぶりだ。そして2日にはすぐ電話通知文を通じて北朝鮮に伝えた。特使団構成は4日に発表した。5日から2日間の日程で北朝鮮を訪問する特使団は帰国後すぐに米国を訪問する。訪米時期は7日を過ぎないという。

  青瓦台がこのように特使団の訪朝と訪米を急いで推進するのは期間が差し迫っているためだ。パラリンピック(3月9~18日)後に延期された韓米合同軍事演習が始まる前にどうにか米朝間の対話の糸口を開いてこそ平昌五輪でようやく作られた対話の雰囲気を継続できるためだ。外交消息筋は「韓米合同演習は米国と北朝鮮がすでに公開的に立場を明らかにしてきたためどちら側も譲歩は不可能だ。合同演習が予定通りに進行されれば北朝鮮もそれに相応する反発をするほかはなく、するとまた悪循環に入りかねない」と話す。

  外交部当局者も「現在の北朝鮮の核局面では3月末が最も山場となる時期」と話す。韓国政府としてはそれ以前に米朝間対話が可能な構図を作る必要がある。特にパラリンピック開始以前に北朝鮮の意図を把握することが重要だ。特使団訪朝の結果、北朝鮮が非核化対話に出る意志が少しでもあるものと韓米が判断するならば、パラリンピック期間中の米朝接触も推進できる。

  だが金正恩朝鮮労働党委員長が韓国の特使団にも「核問題は交渉テーブルに上げない」と既存の立場だけ繰り返すならば、韓国政府が望む通りに早期に米朝対話に局面が転換するのは難しい。韓国政府消息筋はこれと関連し、「楽観も悲観もまだ早い。ただまだ金正恩としっかりと核に対する話をした人自体が世界でも珍しいという点で、今回韓国の特使団が金正恩と会い直接彼の考えを聞くのは重要な進展だ」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事