韓国の技術競争力、OECD最下位…日本は1位

韓国の技術競争力、OECD最下位…日本は1位

2012年09月10日15時31分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の技術競争力が米国・日本など他の経済協力開発機構(OECD)加盟国より低いレベルであることが分かった。

  10日のOECDによると、2010年の韓国の技術貿易収支倍率は0.33で、統計が確保されたOECD25カ国のうち最も低かった。 技術貿易収支倍率とは、技術輸出額を技術輸入額で割ったもので、数値が低いほど該当国家の技術競争力が低いという分析が可能だ。

  韓国は技術輸出額が輸入額の3分の1にしかならない。 技術貿易で黒字を出すほど累積した源泉技術が足りないという意味だ。

  倍率が最も高い国は日本で4.60だった。 この数値は韓国の14倍。 技術貿易の規模が他国に比べて著しく小さいエストニアを除けば、ノルウェーが2.07で日本に次ぐ2位、次いでスウェーデン(1.98)、英国(1.81)、オーストリア(1.57)などの順だった。 世界最高の技術輸出国の米国は1.46だった。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事