「延坪島砲撃以上に」…北が脅迫レベル高める

「延坪島砲撃以上に」…北が脅迫レベル高める

2012年04月27日15時37分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮が「延坪島(ヨンピョンド)砲撃事態は警告水準にすぎなかった」とし「今回もその程度で終わると考えているなら誤算」と脅迫の程度を高めた。

  北朝鮮の対南宣伝用ウェブサイト「わが民族同士」は26日の論評で、「特別行動の対象と所要時間まで具体的に通告した」とし「わが革命武力は絶対に空言を吐かない」と伝えた。 これは23日の「革命武力の特別行動がまもなく開始される」という脅迫よりも程度をさらに高めたものだ。

  朝鮮中央通信など官営メディアも、李明博(イ・ミョンバク)大統領に対する露骨な非難を続け、武力挑発を示唆した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事