「韓流百貨店」倒産…韓国メディア「韓国人商圏まで危機」憂慮

「韓流百貨店」倒産…韓国メディア「韓国人商圏まで危機」憂慮

2014年05月12日17時06分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  今月9日、東京の代表的な韓国商品の販売店だった「韓流百貨店」が倒産したとのニュースが伝えられる中、韓国メディアは「日本国内の韓流が衰えながら韓国人タウン商圏までが危機を迎えている」と憂慮した。

  日本の市場調査専門機関の帝国データバンク(TDB)は8日、ホームページに掲載した破産関連動向情報で「韓流百貨店」が先月21日付で東京地方裁判所に民事再生法の適用を申請したと明らかにした。2003年にオープンしたこの店は、新大久保の代表的な「複合韓流ショッピングセンター」の座を占めたが、最近の韓流ブームの弱まりと共に経営難に陥っていたという。

  韓国メディアは「最悪の韓日関係で韓流が下り坂をたどる中、日本国内の韓国人タウンが直撃を受けている」と報道した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事