「羅卿ウォン妄言」論争に日本ネットユーザー「正しいこと言っている」

「羅卿ウォン妄言」論争に日本ネットユーザー「正しいこと言っている」

2019年03月13日16時33分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
韓国野党「自由韓国党」の羅卿ウォン院内代表の交渉団体代表演説が12日午前、国会本会議場で開かれた。民主党議員が席から立って羅院内代表の謝罪を要求している。
  韓国野党「自由韓国党」の羅卿ウォン(ナ・ギョンウォン)院内代表の交渉団体代表演説によって国会が大声と小競り合いで紛糾したという便りが日本に伝わった。日本の嫌韓ネットユーザーは12日、羅院内代表が「大韓民国の大統領は金正恩(キム・ジョンウン)の首席報道官」という表現を使って国会がもみ合いの場になったというニュースを主要イシューとして扱いながら、羅院内代表の発言は「正しいこと」として肩を持った。

  日本の巨大ネットコミュニティ「5ちゃんねる」「2ちゃんねる」などでは、羅院内代表の発言を支持する声が次々と投稿された。嫌韓指向のネットユーザーは「正しいこと言ってますね」「これは親日認定で議員権限剥奪ですわ」「国家機密漏えい罪ですぞ」などのコメントをつけた。

  また「民主党はどこの国でも売国奴」として共に民主党を日本の野党である民主党とまとめて非難した。ほかにも「民主党というだけで終わってるのがわかる」「事実を言われるとキレるのは日本の野党と同じ」というコメントもあった。

  これに先立ち、羅院内代表はこの日国会本会議場で交渉団体代表演説を行う中で「これ以上大韓民国の大統領は金正恩の首席報道官という顔が赤くなるような話が耳に入らないようにしてほしい」と述べ、民主党議員から抗議を受けた。本会議場は大声と小競り合いで大荒れとなった。

  民主党は「発言を取り下げろ」といいながら大声をあげて抗議し、直ちに議員10人余りが本会議場を出て行った。洪永杓(ホン・ヨンピョ)院内代表と李哲熙(イ・チョルヒ)院内首席副代表は壇上に上って抗議した。鄭亮碩(チョン・ヤンソク)韓国党院内首席副代表と権性東(クォン・ソンドン)韓国党議員も壇上に上ってこれを止めようとした。韓国党からは「野党がこの程度のことも言えないのか。聞きたくなければ出て行け」などの言葉で応酬した。

  状況を落ち着かせたのは文喜相(ムン・ヒサン)国会議長だった。文議長は「国会は民主主義の本領だがこれでは共倒れの政治だ。品格あるよう、格調あるように進めるべきだ。我慢しなければならない。いくら話にならない言葉でも耳を傾けてそれを他山の石とするのが民主主義。評価は国民がすること」と話した。

  羅院内代表は演説を継続し、高ぶった声で「野党に耳を塞ぐこのような与党の傲慢と独善が大韓民国を崩壊させている」と叫んだ。

  この日の羅院内代表の「金正恩首席報道官」発言は、昨年9月26日に報道されたブルームバーグ通信の記事からのものだ。当時、ブルームバーグ通信は「韓国の文在寅大統領、金正恩氏の事実上の代弁者に-国連総会(South Korea’s Moon Becomes Kim Jong Un’s Top Spokesman at UN)」というタイトルの記事を報じ、「北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長はニューヨークで今週開かれている国連総会には出席していない。だが、現地には金委員長を賛美する事実上のスポークスマンの存在があった。韓国の文在寅大統領だ」と批判した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事