韓仏がツートップである中国化粧品市場に日本が積極攻勢へ

韓仏がツートップである中国化粧品市場に日本が積極攻勢へ

2018年03月05日11時46分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
中国上海南京東区にあるエチュード・ハウス旗艦店
  中国化粧品市場で韓国とフランスがシェア1、2位を占めているなか、日本が積極攻勢に出ている。

  韓国化粧品協会が発表した「2017年中国の化粧品輸入現状」によると、中国の化粧品市場で韓国が24.5%、フランスが24.2%のシェアを占め、1位と2位となった。2016年には韓国が25.1%、フランスが26.8%のシェアとなったことに比べると小幅下落した。

  一方、日本は2017年のシェアが右肩上がりを見せた。2016年17.2%の市場シェアとなった日本は2017年に3.9%も成長して21.1%の市場シェアを占めた。韓国とフランス化粧品を日本化粧品が急激に追い上げている。

  ただし、中国のTHAAD(高高度防衛ミサイル)報復措置で停滞した韓国の化粧品輸出額は上昇する傾向だ。今年1月に韓国の中国に対する化粧品輸出額は1億5147万ドル(約159憶7703万円)で、前年同期より92.9%増えた。韓国化粧品業界関係者は「中国は依然として魅力的な市場」とし「これまで中国人をひきつけるために化粧品容器を黄金色のラグジュアリーなものに変えるなどの戦略が奏功したが、これからもデパートを中心に売り場を攻撃的に増やしていく予定」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事