女優イ・ヨンエ、復帰作『師任堂』の台本合わせの現場を公開…演技イメチェンで期待UP

女優イ・ヨンエ、復帰作『師任堂』の台本合わせの現場を公開…演技イメチェンで期待UP

2015年09月03日11時13分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
2日、イ・ヨンエ主演のSBSドラマ『師任堂 the Herstory』の台本合わせの様子。(写真=グループエイト提供)
  2日午前、SBS(ソウル放送)の新しいドラマ『師任堂(サイムダン)the Herstory』(脚本パク・ウンリョン/演出ユン・サンホ、以下『師任堂』)製作スタッフは最初の台本合わせの現場を公開した。

  現場にはユン・サンホPDとパク・ウンリョン作家、イ・ヨンエ、キム・ヘスク、オ・ユナ、チェ・ジョンファン、ユン・ダフン、チェ・チョルホ、パク・ヘスなど約30人の出演者が総出動した。

  イ・ヨンエは11年のブランクを感じさせないほど真剣に台本を読み、周囲を感心させた。過去と現在が行き来する作品で一人二役を演じるイ・ヨンエは、現代の美術講師ソ・ジユン役のセリフを飄々と表現してエレガントなイメージを覆す演技ぶりで座中を圧倒した。

  イ・ヨンエと嫁姑関係を演じるキム・ヘスクは「演技を休んでいた人間とは到底思えない」」とし「演技をせずにどのように毎日過ごしていたのか」と話して笑いを誘った。

  イ・ヨンエは「『師任堂』は2000年『花火』以後、SBSで初めて演じる作品」とし「そのため一層感慨深く意味深い作品になると思う。楽しみながらベストを尽くしたい」と感想を明らかにして目を引いた。

  一方、『師任堂』は朝鮮時代の師任堂申氏の人生を再解釈した作品で、天才画家・師任堂の芸術魂と不滅の愛を描く予定だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事