真夏に鳥インフル発生…口蹄疫も拡大か=韓国

真夏に鳥インフル発生…口蹄疫も拡大か=韓国

2014年07月28日07時44分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  農林畜産食品部(農食品部)は全羅南道咸平郡の養鴨農家で鳥インフルエンザが発生したと27日、明らかにした。7月に鳥インフルエンザが発生したのは初めて。

  農食品部の関係者は「夏の強い紫外線はウイルスを殺す効果があるが、畜舎の中にあったウイルスが家畜の体内に入れば冬と同じように活動する」と説明した。

  慶尚北道義城の農家で先週発生した豚の口蹄疫の拡大も懸念される。慶尚北道高霊でも豚に口蹄疫の疑いがあるという申告があった。

  農食品部の関係者は「口蹄疫は2、3週の潜伏期を経て発病する可能性があり、9月の秋夕(チュソク、中秋)を控えて非常防疫体系を稼働する予定」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事