【社説】文大統領の創造的非核化提案を期待する

【社説】文大統領の創造的非核化提案を期待する

2018年09月17日11時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領と金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮国務委員長による3度目の南北首脳会談が1日先に迫った。文大統領は首脳会談の際に少しの間だけ北側の土を踏んだが公式訪朝に当たる平壌(ピョンヤン)訪問は初めてだ。以前の2度の日帰り会談と違い2泊3日の日程のため率直で虚心坦壊な対話がされる見通しだ。きのう90人ほどの先発隊が北へ向かい、200人規模の韓国側随行員名簿も確定した。主要大企業関係者をはじめとする各界各層が網羅された随行員の面々から見られるように南北交流と協力に力を入れようとするようすが歴然としている。世界の耳目を集中させる「運命の南北首脳会談」の1週間が始まったのだ。

  私たちは文大統領訪朝に大きな期待を持ってまた応援する。膠着状態に陥った非核化局面に新たな突破口を用意してほしいという気持ちからだ。歴史的な初めての米朝首脳会談が6月に開かれたが米朝の非核化対話はさらに前進することができずもとの位置で回っている状況だ。終戦宣言が優先という北朝鮮と非核化措置からすべきとする米国の要求がぶつかり合ってだ。文大統領訪朝の最大の意味はしたがってどのような仲裁案でこうした米朝対立状況を解消するかにある。

  私たちは文大統領の創造的非核化提案を期待する。その案は米国が終戦宣言に参加しても良いという認識を持てるように北朝鮮が非核化履行と関連して誠意を見せるよう金委員長を説得するものにならなければならない。行動が省略された言葉での「韓半島の完全非核化」の口頭約束程度や、だれの監督も受けない北朝鮮の「1人だけの核廃棄」行為だけでは国際社会の期待を満たすのに非常に不足するという点を北朝鮮は理解しなければならない。

  北朝鮮が「申告→検証→廃棄」と続く非核化の最初のボタンである申告の部分で誠意を見せないならば、これは非核化には関心がなく制裁解除だけを狙っているという疑惑から抜け出しにくい。文大統領は最近諮問団との懇談会で北朝鮮の「現在の核」放棄とこれに相応する米国の措置が必要だという趣旨の発言をしている。これに見合った結果を文大統領は金委員長との3度目である今回の会談で引き出さなければならない。そうでなければ訪朝の最も重要なミッションを逃すことになる。

  私たちは、南北関係改善は非核化速度と歩調を合わせなければならないことを求める。奇しくも米国は文大統領が北へ向かう日に対北朝鮮制裁履行問題を協議するための国連安保理緊急会議を招集した。ロシアが自国の対北朝鮮制裁違反を隠蔽しようとしていることに対する対応策をまとめるためとされる。しかし米国が最近「文大統領の言葉通り非核化と南北改善はともに進まなくてはならない」という言葉を強調しているという点を念頭に置かなければならない。ややもすると南北経済協力にあまりに先走りすがりつく場合には、米国とぎくしゃくする恐れがある。結局文大統領は3日間の訪朝日程でエネルギーの大部分を非核化に注がなければならない。ここで進展があれば経済協力をはじめとした南北和解と発展の真の春は自ずとついてくるためだ。

  
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事