「トランプの考え」伝え「金正恩の回答」受け…韓国、米朝仲立ち外交

「トランプの考え」伝え「金正恩の回答」受け…韓国、米朝仲立ち外交

2018年03月05日11時23分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  11年ぶりに行われる「1泊2日」の特使北朝鮮訪問を通じ金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の核開発と対米関係に対する本心が表われる。尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官が4日に発表した特使団の訪朝目的は「韓半島(朝鮮半島)非核化に向けた米朝対話環境作り」だ。そのため2011年の金正日(キム・ジョンイル)死去後に北朝鮮の最高指導者として登場した金正恩がこれまで核実験と弾道ミサイル発射試験で極限の瀬戸際戦術を駆使して突然切った南北対話カードの意図が何なのかが明らかになる見通しだ。金正恩の肉声が初めて韓国政府当局者に直接伝えられる契機でもある。同時に米国の考えを直接金正恩に伝え、金正恩の返事をトランプ米大統領に伝えて米朝首脳間の間接対話を斡旋する仲立ち外交が特使団訪朝の目的だ。

  平昌(ピョンチャン)冬季五輪を契機にやってきた北朝鮮代表団は非核化問題をめぐって主に予想された返事を出したという。事実上金正恩の非核化に対する「本心」は聞くことができなかった。金英哲(キム・ヨンチョル)統一戦線部長一行は1度延期された韓米合同軍事演習の4月再開に対し「受け入れることはできない」と明らかにした。彼らは米朝関係に対しても「米国の対朝鮮政策のため対話は難しい」という趣旨を繰り返したという。南北接触の内容を伝え聞いたある消息筋は、「北側の人々はこれまで主張した北朝鮮の『模範回答』を主に出した」と明らかにした。だが今回は金正恩の直接回答を確認する席だ。丁世鉉(チョン・セヒョン)元統一部長官は、「特使団の日程として1泊2日としたこと自体が長く滞在する必要なく(金正恩と)会うというサインが来たため。今回も金与正(キム・ヨジョン)労働党中央委員会第1副部長と金英哲が同席する可能性が大きい」と予想した。

  韓国政府が確認しようとする第1メッセージは米朝対話に対する金正恩の考えだ。これを米国にすぐに伝えなければならない状況だ。それぞれホワイトハウスと中央情報局(CIA)との直接対話ラインを持っている鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長と徐薫(ソ・フン)国家情報院長がともに北朝鮮を訪問する理由がここにある。鄭室長はマクマスター米ホワイトハウス国家安保補佐官と1週間に数回通話するほど緊密な関係の上に、徐院長は北朝鮮の対南特使だった金与正訪韓を控えポンペオCIA局長と会い米朝接触を推進した。

  米朝対話メッセージは文大統領が10日に青瓦台で特使として訪韓した金与正に会った際に直接求めた。当時同席した李善権(イ・ソングォン)朝鮮祖国平和統一委員長が文大統領の発言を書き取ったという。今回の訪朝ではそれに対する金正恩の答弁を聞かなければならない。この過程で出る話が北朝鮮の核・ミサイルのモラトリアム(試験猶予)の有無だ。国家安保戦略研究院のチョ・ソンリョル首席研究委員は「核実験とミサイル試験発射猶予を金正恩が直接明らかにするかどうかが非核化に進む出発点。われわれのこうした要求は金英哲訪韓時にすでに伝えられただろう」と話した。北朝鮮が切り出す話は韓米合同軍事演習だ。南北接触状況を聞いたある消息筋は「金英哲訪韓時に韓国政府が韓米軍事演習を既定事実として通知したとすれば今度は北朝鮮が軍事演習再延期を米朝対話とモラトリアムに向けたカードとして切る可能性がある」と予想した。金正恩の米朝対話の意向は特使団が北朝鮮の対米外交ラインである金桂寛(キム・ゲグァン)外務省第1次官に会うかにも間接的に現れる。

  特使団の隠れた目的は金正恩スタイルを確認するところにある。これまで対北朝鮮特使の役割は南北首脳会談や南北関係改善などに対する北朝鮮の最高指導者の意向を確認することにあったが、同時に個人的性向を把握することにもあった。金正日(キム・ジョンイル)のはばかることのないスタイルは2002年4月に林東源(イム・ドンウォン)対北朝鮮特使の訪問時に再確認された。当時百花園招待所で林特使と会った金正日は5時間の夕食の途中で「夜にはインターネットで南側のテレビニュースを見る」と話し、韓国ドラマ『女人天下』と映画『JSA』まで取り上げた。そのため特使団には南北首脳会談が実現した場合に備える性格もある。

  しかしこうした多目的特使団に金正恩が米国も受容できる前向きなカードを出さない場合、米朝仲立ち外交は難関に置かれる。東国(トングク)大学北朝鮮学科のコ・ユファン教授は「北朝鮮はカードを切っても既に開発した核はそのまま認め、その後の大陸間弾道ミサイル(ICBM)試験などはしないという『部分認定、部分凍結』方式だろう。米国がこれを非核化の端緒と考えるかは不透明だ」と話した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事