【社説】極度の警戒心を抱いて韓半島8月危機説に対処を

【社説】極度の警戒心を抱いて韓半島8月危機説に対処を

2017年08月10日09時09分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓半島(朝鮮半島)が極度の安保危機状況を迎えている。米国防情報局報告書によると、北朝鮮はすでに大陸間弾道ミサイル(ICBM)に搭載する核弾頭の小型化に成功したという。韓半島の戦略均衡が崩壊する直前だ。北朝鮮がICBM大気圏再進入技術を保有したかについては論争があるが、これも時間の問題にすぎない。北朝鮮の核・ICBM完成は、米国の北朝鮮に対する報復が自由でなくなるという点で、韓半島の安保地形を根本的に変える衝撃だ。韓国としては核を頭の上にのせて暮らす時代を迎えることになる。国防情報局は北朝鮮が少なくとも60個の核兵器を保有したと評価している。

  こうした中、米国と北朝鮮が最近、実際に戦争を予告するような発言を続け、緊張を高めている。トランプ米大統領は8日、「北が威嚇を続ければ『炎と怒り(fire and fury)』を目の当たりにする」と強く警告した。AP通信がトランプ大統領の表現を「歴史上類例がない」と伝えるほど北核高度化に対する米国の深刻な懸念を読み取ることができる。

  トランプ大統領の強硬発言は、米中央情報局(CIA)のポンペオ長官が北朝鮮の政権交代推進を示唆したこと、マクマスター大統領補佐官(国家安全保障担当)が「予防戦争」を云々したことと軌を一にする。北朝鮮の核ICBMが米国の「核拡張抑止力」を根本的に毀損し、韓半島内の米軍の戦略的地位を揺るがすゲームチェンジャーの役割をするだろうという危機感の発露だ。北朝鮮はさらに韓米を同時に脅迫している。9日に「ソウルを含む1・3野戦軍地域を火の海にする」「米本土を核戦争の場にする」と主張したのに続き、中距離弾道ミサイル「火星12」を利用して「グアム周辺包囲射撃を検討する」と威嚇を続けた。「8月危機説」が出るほど一触即発の緊張感が漂う韓半島の現状況だ。

  しかし当事者の韓国だけが危機に鈍感であるようで心配だ。文在寅大統領は昨日、軍首脳部進級および補職申告を受ける席で「北の核・ミサイル挑発に対して我々の対応戦力確保が緊急な課題」としながらも「軍事対応態勢を少し補完してほしい」という注文にとどめた。北核完成が目の前に迫り韓半島の戦略均衡がまるごと変わる非常な時期だが、「少し補完」という表現は非常に安易な認識として映る。

  一部では戦術核再配備と独自核武装の話まで出ている。危機を誇張するべきではないが、軽視するのはさらに問題だ。急激に変わる韓半島危機状況を突破するためには、まず国民の意思と力から一つにまとめなければいけない。そのためには国論分裂の場となっている高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題から速やかに終結させる必要がある。非常な時期を迎えて非常な覚悟で韓半島の危機管理に取り組むべきだろう。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事