日帝強制徴用の歴史描いた韓国映画『軍艦島』、絶対にヒットしないといけない理由とは(2)

日帝強制徴用の歴史描いた韓国映画『軍艦島』、絶対にヒットしないといけない理由とは(2)

2017年06月15日15時38分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
映画『軍艦島』ポスター
  ソン・ジュンギは光復軍パク・ムヨン役を演じ、昨年の代表作『太陽の末裔』に引き続き、また軍服に身を包むことになった。「軍除隊後には映画に復帰したいという気持ちが大きかった」というソン・ジュンギは「最高のスタッフを経験できたすべての瞬間が貴重だった」と振り返った。

  慰安婦被害者として、ありとあらゆる受難を体験しながらも堂々とした姿勢を失わない強靭な女性マルニョンを演じたイ・ジョンヒョンは、今回の作品のために極限の減量に臨んだ。イ・ジョンヒョンは「体重を減らすことは難しくなかった。『軍艦島』と一体になり、作品に溶け込みたい、ただその一心だった」と映画への気持ちを熱く語った。

  イ・ガンオクの命よりも大切な娘で、楽団で踊りと歌を担当するソヒ役を演じ、映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』に続き、子役らしからぬ優れた演技をここでもう一度披露したキム・スアンは「『無限に挑戦』を通じて軍艦島を初めて知った」として「(ファン・ジョンミン)パパをお手本にした」と謙遜した。

  『軍艦島』の撮影現場はさながら戦場だったが、怒りと感動が混沌とする不思議な空間だった。「ある瞬間から撮影現場がわが家のように感じられるようになった」と語ったファン・ジョンミンは、「他の関係者の方々や監督、スタッフがくれば私が直接紹介することもあった」と話し、笑いを誘った。ソ・ジソブは自他共に認める現場の安全担当だったという。

  この日のイベントには日本から朝日新聞の記者も参加して目を引いた。記者はリュ監督に「実際の事実とどれくらい近いのか。また映画公開後は韓日関係に影響があると思うが、それについてどう思っているか」と質問した。

  これに対し、リュ監督は「国民総動員令が下されて自身の意思に反して徴集されたこと、望まないやり方で働かされ、それに相応する賃金・待遇を受けることができなかったというのは事実」としつつ「だが、メイン人物の理由と物語は、その時期を取材することによってありそうなことだと考えて作った話だ」と説明した。

  続いて「私も韓日関係がうまくいってほしいと心から願っている人間の一人だ。だが、追求するべきことは追求し、解決するべきことは解決しなくてはならないと考える。理知にかない、道理にかない、場合が正しくてこそ、関係を結んでいけるのではないか。甲乙関係でもなく」と表明した。

  またリュ監督は「実際、このような問題はすべて外的な部分だと思う。この映画が公開されようがされまいが、引き続き議論されるべきだ。そして映画が公開されれば、いまの懸念は十分に払拭されるだろうと思う。特殊な感情の商品化や愛国第一主義ようなものに依存した映画ではない。自信を持ってそのように申し上げることができる」と強調した。

  最高の素材、最高の俳優、最高のスタッフなど、韓国映画界のプロが意気投合した『軍艦島』が夏の市場1等映画になることができるのか、映画界内外の耳目が集中している。『軍艦島』は7月末公開。

日帝強制徴用の歴史描いた韓国映画『軍艦島』、絶対にヒットしないといけない理由とは(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事