日帝強制徴用の歴史描いた韓国映画『軍艦島』、絶対にヒットしないといけない理由とは(1)

日帝強制徴用の歴史描いた韓国映画『軍艦島』、絶対にヒットしないといけない理由とは(1)

2017年06月15日15時37分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
左から俳優のファン・ジョンミン、女優のイ・ジョンヒョン、子役女優のキム・スアン、俳優のソ・ジソブ、ソン・ジュンギ。
  すでに1000万だ。韓国の映画史上、記録に残るほどの作品の誕生だ。そして絶対にヒットして、世界に広くもっと多くの人々に見てもらわなければならない作品だ。『軍艦島』という映画の存在そのものが、すなわち興行の理由だ。

  15日、ソウル龍山区(ヨンサング)国立中央博物館では映画『軍艦島』(リュ・スンワン監督)の制作報告会が開かれた。この日のイベントにはリュ・スンワン監督と主演俳優のファン・ジョンミン、ソ・ジソブ、ソン・ジュンギ、イ・ジョンヒョンが参加して意義深い映画を初めて紹介する感想とともに撮影の裏話を伝えた。

  『軍艦島』は、日帝強占期時代、軍艦島に強制徴用された朝鮮人たちが命がけで島からの脱出を図ろうとする過程を描いた映画だ。リュ・スンワン監督は数多くの朝鮮人が強制徴用された軍艦島の知られざる歴史をモチーフに、映画的想像力を加味してこの作品を誕生させた。

  リュ・スンワン監督は「私が初めて軍艦島を見たのは映画『ベテラン』の前なので2015年以前になる」と話した。軍艦島の航空写真を初めて見た時、『これは何だ? これが本当に人が住んでいた島なのか』と思った。奇怪なイメージに圧倒された」と話した。

  このことがきっかけでリュ監督は自身の映画人生で最も大きな挑戦をすることになった。『軍艦島』の現場踏査を直接出向いたというリュ監督は自身が感じた感情をそのまま俳優に、そして観客に伝えたかったという。

  リュ監督は、実際の軍艦島を縮小した撮影セットをそのまま作り、俳優に偽の演技をさせないように努力したとも言った。

  リュ監督は「いま現在の韓国映画で作りえる極限ラインに挑戦した。皆さんに誇れるほどの、それなりの結果は出したと自負している」とし「バックグラウンドの一番前面にいる人物一人ひとりが演技をしている姿を見ることができるだろう」と自信をのぞかせた。

  リュ監督が頼りにしていたのは俳優陣だ。ファン・ジョンミン、ソ・ジソブ、ソン・ジュンギ、イ・ジョンヒョン、キム・スアンはもちろん、数多くの端役に至るまで、彼らは合計115回にわたる気が遠くなるような撮影日程をこなしながら、軍艦島に実際に徴用された人物に完全になりきって人生最高の演技をこの作品にぶつけた。

  今回の映画で、ファン・ジョンミンは、日本で金をもうけさせてやるという言葉に騙されて、バンドの団員や娘のソヒを率いて軍艦島に入った楽団長イ・ガンオクを演じた。ファン・ジョンミンは「ガンオクはずる賢い人物だ。両極を行ったり来たりするのはおもしろかったが演じこなすのは並大抵の仕事ではなかった」と話した。

  ソ・ジソブは京城一腕っ節の強いチェ・チルソンに扮し、軍艦島で大小の事件を起こしながらも実直で熱い心を持つキャラクターを見事に演じ切った。リュ監督への信頼一つで、シナリオを見る前にもう出演を決めていたという。

日帝強制徴用の歴史描いた韓国映画『軍艦島』、絶対にヒットしないといけない理由とは(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事