宮崎アニメはどのように誕生したか…ジブリ・レイアウト初めての海外展はソウルで(1)

宮崎アニメはどのように誕生したか…ジブリ・レイアウト初めての海外展はソウルで(1)

2013年06月27日13時40分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
『となりのトトロ』(1988)のレイアウト原画。1950年代の日本の郊外を背景に広がる、おばけのトトロや黒いほこり(まっくろくろすけ)など童話的な話を自然美あふれる画面で具現化したジブリの傑作だ。(写真=スタジオジブリ)
  『スタジオジブリ-レイアウト』展は、日本のアニメーションの製作システムを理解して、監督の演出意図や方法を細密に垣間見ることができる珍しい機会だ。

  ジブリの主な作品別に区切られた展示空間は、“レイアウト”原画1300枚による大型企画展だ。ジブリ“レイアウト”の初めての海外展で、ソウル瑞草洞(ソチョドン)の芸術の殿堂のハンガラムデザイン美術館で開かれている。

  “レイアウト”というのはアニメーション製作過程の一つの工程で、作品の基準になる主な場面や細部作業の指示を入れた、縦17センチ、横32センチの1枚ずつのドローイングを描くことを意味する。図で視角化された脚本である“絵コンテ”が作品全体の設計図ならば、“場面構成”とも呼ぶ“レイアウト”は、主な場面を左右する細部設計図だ。

  したがって展示場を訪れた観客は、手製動画(すなわちアニメーション)特有の自然な躍動感を表現している原画を、あちこちに設置されたスクリーンを通じて最終完成画面と比較してみることができる。この過程で注目すべき点は、動きを通した空間の表現だ。

  1985年6月にスタジオジブリを共同設立した宮崎駿(72)は、74年にテレビアニメ『アルプスの少女ハイジ』を製作する過程で、初めてほとんどの主な場面のレイアウトを描いた。業界にレイアウトシステムを定着させた。

  そうした面で今回の展示の主人公は、監督になった後も重要なレイアウトを直接描いてきた宮崎氏だと見ても差し支えない。展示解説に出てきたジブリの田中千義プロデューサーはこのように話した。「すべてのストーリーと場面が頭の中にあるから、彼はそのまま“レイアウト”を描きさえすればいい。彼は天才だから」。

宮崎アニメはどのように誕生したか…ジブリ・レイアウト初めての海外展はソウルで(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事