【社説】F1コリアGPが残した課題

【社説】F1コリアGPが残した課題

2010年10月25日10時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  フォーミュラ1(F1)コリアグランプリ(GP)が終わった。雨が降って滑りやすい霊岩(ヨンアム)サーキットで行われた‘マシン’の競走で、スペインのフェルナンド・アロンソが優勝した。祝福する。事故でリタイアしたレーサーにも慰労の言葉を送る。何よりも時間が不足し、支援も少ない状況で、世界的な大会を誘致して開催したこと自体は評価に値する。観客が8万人も集まり、「本当に事業性はあるのか」という当初の懸念を払拭したのも同じだ。

  しかし問題点も多かった。何よりも大会誘致に必要なインフラが不足していた。まずは宿泊施設だ。光州(クァンジュ)・木浦(モクポ)宿泊業者は時ならぬ好況を享受したが、観客の不便はそれだけ大きかった。一部のモーテルはいわゆる‘時間制’を導入・運営して外国人に衝撃を与え、外国の新聞にも紹介され、体面を汚した。2つ目は交通だ。霊岩までの道路は一日中、ひどく渋滞した。駐車場のようになった道路周辺では各種の無秩序が見られた。準備されたシャトルバスは機能しなかった。3つ目は便宜施設だ。レース場の周辺には食堂や各種付帯施設がなかった。いくら初めての開催とはいえ、あまりにも深刻だった。全羅南道(チョンラナムド)が「自信を得たのが収穫」と自評したのは結果的に‘半分の成功’であることを認めたということではないのか。

  今大会を契機に観光企画とサービスに対する認識を向上させる必要がある。世界的な大会が開かれれば、自然に宿泊・航空・観光・ショッピング業界に特需が生じる。どうすれば、これらの業界がシナジー効果を生み出しながら収入を極大化するかが成敗を決める。ドイツは1998年まで開催された「ルクセンブルグGP」の開催権を返納した。したがって来年からは関連業界が共同でF1を媒介とした総合的な観光企画に取り組まなければならない。シンガポールの場合、大会期間に各種文化行事とデパートセールを並行している。全羅南道にはアジア初の「スローシティ」である長興(チャンフン)もあり、韓流の粋と味が込められた「スローフード」の故郷だ。先端スピードと‘のろさの美学’が交わる独特のF1名所に育成できる。都心と華麗さを背景にしたモナコとは違い、世界の人の胸に響く‘秋の疾走’として定着することを期待する。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事