『私の頭の中の消しゴム』日本で2週連続1位

『私の頭の中の消しゴム』日本で2週連続1位

2005年11月02日12時55分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  映画『私の頭の中の消しゴム』が日本で2週連続ボックスオフィス1位に入る驚くべき成績を出している。

  特に前週と違い週末(10月29~30日)には日本映画『春の雪』が公開されたが、これを差し置いての堂々たる1位だ。

  『春の雪』は日本行定勲監督が演出し、韓国にも多くのファンをもつ妻夫木聡と竹内裕子主演の話題作。日本映画興行集計サイト映画ドットコムによると、10月最後週、日本のボックスオフィスは『私の頭の中の…』をトップに『春の雪』『チャーリーとチョコレート工場』『ティム・バートンのコープスブライド』『劇場版 機動戦士ZガンダムⅡ恋人たち』などが順に1~5位を占めた。

  『四月の雪』は10位圏外に押し出された。

  『私の頭の中の…』のこのような善戦は「ヨン様」による『四月の雪』と違い、純粋に映画の力で観客を動員したという点で注目される。日本テレビドラマ『~Pure Soul~君が僕を忘れても~』を原作にしていることから日本の観客に親しまれる素材である上、日本人たちがもっとも好きなジャンルである涙を誘う恋愛映画という点が大きく影響している。

  ここにソフトな作りと『四月の雪』以後、認知度上げているソン・イェジンと『武士(MUSA)』のチョン・ウソンが主演し、広くPRされた点が奏功した。

  『私の頭の中の…』の成果は、今後の韓流商品がどのような方向に進まなければならないかを教えてくれる良い指標になるものとみられている。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事