ソウル市内でも放射能? 平均値10倍のセシウムが検出

ソウル市内でも放射能? 平均値10倍のセシウムが検出

2011年11月02日17時38分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の環境運動連合は2日、報道資料を出し、「ソウル蘆原区月渓洞(ノウォング・ウォルゲドン)住宅地域に、ソウルの大気の平均15倍に相当する放射能がある」と主張した。

  これに関し韓国原子力安全技術院(以下、KINS)は「KINSの1次調査の結果、道路の舗装に使われたアスファルトや骨材原材料から放射能が出ていると推定された」と2日、明らかにした。

  韓国メディアによると、KINSはこの日午前11時から約3時間、専門家7人で構成された1次調査チームを派遣し、現場精密調査を行った。ここで測定された放射能数値は1時間当たり最高約1400ナノシーベルトで、核種はセシウム137。これはソウルの大気の平均放射能数値(140ナノシーベルト)の10倍にのぼる。

  KINSの研究員は「毎日一日1時間ずつ該当地点に1年間立っていても、年間許容値の半分程度にしかならない」とし「現在としては人体に無害なレベルと判断している」と明らかにした。続いて「住民の不安を解消するため追加で細部調査を実施することにした」とし「この日現場で採取したアスファルト試料の精密調査を行う計画」と述べた。

  一方、消防当局によると、1日、ある住民が道路のマンホール付近の放射能数値を自分の携帯用測定機で測定した結果、1時間当たり3000ナノシーベルトと表示され、119に申告したという。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事