【取材日記】2017年慰安婦被害者に生まれ変わった少女たち

【取材日記】2017年慰安婦被害者に生まれ変わった少女たち

2017年08月10日08時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんが9日の水曜集会で手でハートの形を作っている。
  「皆さん、なぜこれほど美しいのですか。サランヘy(愛してます)」。90歳のおばあさんのしわが多い顔に満面の笑みが浮かんだ。彼女の少女時代をモチーフにした「平和の少女像」の前に集まった10代の女子学生を孫のように感じているようだった。9日午後、ソウル中学洞(チュンハクトン)の旧在韓日本大使館の前で旧日本軍慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さん(90)が演壇に立つと、約1000人の学生と市民は「サランヘヨ(愛してます)」と叫びながら手でハートの形を作った。

  この日開かれた水曜集会は第5回世界日本軍慰安婦メモリアルデーを記念する意味があった。世界連帯集会のテーマは「2017金学順(キム・ハクスン)、生まれ変わって叫ぶ」だった。故金学順(キム・ハクスン)さんは1991年8月14日に旧日本軍慰安婦被害を初めて公開証言した人物だ。8月14日は2013年から「慰安婦メモリアルデー」に指定され、毎年、数カ国で記念されている。

  夏休み中であるため多くの学生が集会に参加し、手には「公式謝罪」「法的賠償」「12・28韓日合意無効」「おばあさんの正義は勝利する」などと書かれたカードを持っていた。学生らは「私たちは金学順に生まれ変わった」と叫んだりもした。集会に参加した金福童(キム・ボクドン)さん(91)は学生に「国が力がなくて私たちは犠牲になったが、私たちの子孫には決して私たちのようなことがあってはいけない」と述べた。「私たちの子孫を考えても最後まで生きて力を合わせる」とも語った。

  韓国挺身隊問題対策協議会とともに行事を主催したソウルエール女子高の生徒らは慰安婦被害者に手紙を渡し、おばあさんのための献呈曲「私の魂、風なって」を合唱した。穏やかに曲が流れる間、数人の学生は静かに涙を拭いた。旋律は学生と慰安婦被害者の間の約70年の間隙をつないだ。

  この日の集会には単独で参加した日本人もいた。沖縄で慰安婦関連の研究をしているという男性(60)は「水曜集会への参加は初めてだが、驚きであり、感動的だった。慰安婦被害の真実を明らかにすることに私も努力したい」と話した。しかし日本政府と主流社会でこのような声を聞くのは難しい。最近日本では慰安婦問題に言及した歴史教科書を採択した全国の中学校11校に「反日極左」と書かれた抗議のはがきが大量に発送された。

  先月23日に金君子(キム・クンジャ)さんが死去し、慰安婦被害生存者は37人に減った。生存している人たちも90歳前後の高齢だ。数人も残っていない「最も立派な歴史の先生」とその前に集まった少女たちの姿を韓日の政府は忘れるべきでない。

  ハ・ジュンホ/社会2部記者
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事