【取材日記】韓国の造船・自動車産業衰退…個人所得トップだった蔚山市の没落

【取材日記】韓国の造船・自動車産業衰退…個人所得トップだった蔚山市の没落

2018年10月18日14時36分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  全国不動産価格情報を公開する「不動産114」が最近、目を引く資料を出した。全国7大特別市・広域市のうち唯一、蔚山(ウルサン)の不動産価格だけが落ちていた。10月12日を基準にソウルのマンション平均伝貰(チョンセ、住宅賃貸方式の一つ)保証金は4億6588万ウォン(約4650万円)と、2年前の4億2584万ウォンに比べ9.4%上がった。同じ期間、全国の平均変動率は4.1%の上昇だった。しかし蔚山のマンション伝貰保証金は2年前より2.6%(1億8492万ウォン→1億8018万ウォン)下落した。韓国鑑定院の資料では年初から9カ月間に8.37%落ちた。下落率は全国1位だ。

  売買価格も同じだ。韓国鑑定院によると、今年1-9月に蔚山のマンション売買価格は6.81%落ちた。同じく全国で下落率1位だ。全国的に不動産価格が上がる中での下落であり、よりいっそう目立った。

  蔚山の不動産価格の暴落は造船・自動車産業の衰退と無関係でないと専門家らは分析している。蔚山東区(トング)に本社がある現代重工業は造船業の不況のため数年前から構造調整中だ。2013年に約6万人だった現代重工業と下請け会社の職員は9月末現在およそ2万7000人。蔚山北区にソウル汝矣島(ヨイド)の1.5倍規模の工場を持つ現代車も事情が良くないのは同じだ。現代車は今年上半期の営業利益が前年同期比37.1%も減少した。工場近隣では「会食が消えた」という声が多い。

  産業危機は人口の流出につながっている。2017年の蔚山の人口は115万7000人と、前年比で9000人減少した。流入する人口より流出する人口が多い状況が33カ月間続いている。蔚山では「このままでは蔚山がなくなってしまう」という声も聞こえる。

  かつて蔚山は「富裕度」が全国トップの都市だった。「蔚山では犬も1万ウォン札をくわえて歩く」と言われたところだ。2011年に地方自治体で初めて輸出1000億ドルを超え、1人あたりの個人所得も9年連続(2007-15年)1位だった。しかし2016年に1人あたりの個人所得1位をソウルに明け渡した。蔚山の失業率は4月(5.9%)、7月(4.9%)、9月(5%)に全国最高となった。昨年の自営業廃業率は13%と、全国で光州(クァンジュ)広域市に続いて2番目に高かった。人口の流出が多いため地方自治体の財政にも影響が及んでいる。東区は財政問題のため区庁の職員の手当も支払えない状況だ。

  蔚山の不動産価格没落は、産業活性化の失敗が人口の減少に、人口の減少が都心空洞化や資産価値の下落につながることを実証的に見せている。産業が活性化してこそ都市は生きる。

  チェ・ウンギョン/ナショナルチーム記者
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事