北朝鮮の小学生向けアニメに世界が懸念

北朝鮮の小学生向けアニメに世界が懸念

2011年06月27日11時29分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
北朝鮮のアニメーション「鉛筆砲弾」。
  「本当に北朝鮮の小学生がこういうアニメを見るのか」「ぞっとする。信じられない」。

  北朝鮮のアニメーション「鉛筆砲弾」が動画サイトのユーチューブで話題になっている。子どもを対象にしたこのアニメは、小学生の主人公が分度器の使用法を習う過程を描いている。ところが内容すべてが米軍に対する敵対心をあおり、彼らを撃退するという内容で構成されている。

  内容はこうだ。森でウサギを捕まえて遊んでいた主人公のソクパリは、友だちから、「授業時間にも落書きばかり描いてまた1人で軍事ごっこをやってるのか」と叱られる。そして家へ帰り机に座った。勉強しなければならないのは分度器の使用法だ。ソクパリは教科書に「U.S」と書かれた米軍帽を描き戦意を燃やしながらうたた寝してしまう。

  夢の中で米軍艦隊が海に攻撃し進入してくる。友人とともに鉛筆で作った砲弾を撃ち米軍を撃退しようとするが、砲弾の角度を合わせることができず困りきる。分度器使用法がわからなかったためだ。結局ソクパリは米軍艦隊の逆襲を受け弱り切って眠りから覚める。ソクパリは「勉強時間に一生懸命にやり先生の話もよく聞いてこそ立派な人民軍になれるということを悟った」と話した。そして分度器で角度を測る時は中心軸を正確に合わせなければならないという算数学習が続く。

  このアニメは金日成(キム・イルソン)勲章を受けた朝鮮科学教育映画撮影所の児童映画創作団が製作したと表記されている。

  2008年にユーチューブに上げられたこの動画は照会数25万件以上を記録するなど、いまでも世界のネットユーザーの熱い関心を受けている。コメントも2000件余りに上ったが、こうしたアニメの暴力性を懸念する内容がほとんどだ。

  「子どもたちにこうした内容を見せるとは信じられない」「こういう内容で算数を教えるとは衝撃的だ。ナチスも形無しだ」「子どもたちを亡ぼすようなアニメだ」という内容が多い。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

追加写真

  • 北朝鮮のアニメーション「鉛筆砲弾」。
  • 北朝鮮のアニメーション「鉛筆砲弾」。
  • 北朝鮮のアニメーション「鉛筆砲弾」