【コラム】熱情的な中南米、韓流に熱狂する

【コラム】熱情的な中南米、韓流に熱狂する

2017年03月23日13時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「ブラジルのファンを興奮させるのはジャスティン・ビーバーだけではなかった-ブラジル最大ポータルUOL」

  「サンパウロ空港に集まった8000人余りのファンを見れば、ビートルマニア(ビートルズの熱狂的なファン)が思い出す-ブラジルメディアグループのO Globo」

  米国最高の人気歌手ジャスティン・ビーバーや伝説のビートルズに比べられた主人公は、韓国のアイドルグループ防弾少年団だ。彼らの19~21日ブラジルコンサートは現地で数カ月前から熱い話題になっていた。1万4000枚の入場券に7万2000人が集まり、あっという間にチケットが売り切れ、入場券を手にできなかったファンがもっと大きな会場に移してほしいと抗議する事態まで起きた。空港で彼らの入国場面を逃したファンが悲しく涙を流す姿が映られた動画が話題になっている。一部のファンはコンサート前日からテントを張って徹夜をしながら入場を待っていた。防弾少年団は、このようなファンに「ありがとうございます」の以外にも「皆さんのおかげで幸せです」「もっとよく会いたい」「ブラジル最高」のような話をポルトガル語で練習して会場で直接伝えた。

  これを一部の青少年ファンダム程度に捉える人もいるだろう。しかし、われわれはもう少し広い意味で捉える必要がある。10代のファンだけでなく、購買力のある彼らの親まで韓国に関心を持ってその文化に接する契機になる可能性があるからだ。ブラジルでは子供たちが会場に向かう歳、親が同行する場合が非常に多い。今回のコンサートでも同じだった。サンパウロに住んでいるある知人は娘が好きなミュージックビデオを見てファンになり、一緒に会場を訪れたという。

  ブラジルで韓流がより広がっていることが感じられる事例だ。実際、初めてK-POPとドラマ・映画など韓国文化が中南米に広がり始めた時は、「ごく一部のマニア層の文化バブルのようにまもなく収まるだろう」として悲観的声が大きかった。しかし、年が経つにつれより多くのファンがハマっている。韓国に対する肯定的なイメージはおまけだ。

  これまで韓国は主に周辺のアジア諸国に韓流を伝えようと取り組んできた。文化的に同質感があり、地理的にも近いという理由のためだろう。韓流コンテンツ市場の規模も中南米に比べられないほど大きくなった。だが、卵を一つのかごに入れるのは危ない。特に、文化事業は国際情勢に多くの影響を受ける部門であるため、新しい市場を切り開いて多様な販路を確保することが重要だ。そのような意味でブラジルをはじめとする中南米は立派な代案であり、新しい機会だ。熱情的な中南米ファンはいつでも韓国に熱狂する準備ができている。

  カルロス・ゴリト/ブラジル人・JTBC『非頂上会談』元出演者
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事