イメージセンサー市場、サムスン・ソニーのビッグマッチへ

イメージセンサー市場、サムスン・ソニーのビッグマッチへ

2019年05月10日09時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
サムスン電子が世界で初めて開発した0.8μmピクセルを適用した6400万画素のイメージセンサー「GW1」(写真=サムスン電子)
  「2030年のシステム半導体(非メモリー)1位が目標だが、イメージセンサーはもっと早く1位を達成するだろう」。

  サムスン電子がメモリーを越えて「非メモリー半導体世界1位」を目標に掲げた後、非メモリーのうちイメージセンサー分野から世界トップになるという計画を明らかにした。サムスン電子は9日、世界で初めて開発した0.8μm(マイクロメートル)ピクセルを適用した6400万画素のイメージセンサーを公開した。イメージセンサー市場は日本のソニーが51%と圧倒的なシェア1位で、20%のサムスン電子は追撃者だ。この日公開した0.8μmピクセル基盤の6400万画素イメージセンサーは現在の市場標準「0.8μmピクセル4800万画素」を上回る製品。

  パク・ヨンイン・サムスン電子システムLSI事業部センサー事業チーム長(副社長)はこの日、「(トップ)市場シェアは永続的でなく絶えず変わる」とし「我々は急変するその瞬間を準備中であり、2030年以前に世界1位を達成する」と明らかにした。

  サムスン電子は先月、133兆ウォン(約12兆4000億円)を投資して非メモリー分野で1位になるという「半導体ビジョン2030」を発表した。今回はシステム半導体のうち成長の可能性が高いイメージセンサー分野を集中的に攻略し、非メモリー半導体1位の土台にするという構想を明らかにした。

  イメージセンサーはカメラやスマートフォンに搭載され、事物の情報を電気信号に変換する半導体。最近スマートフォン一つに5、6個のカメラが搭載され、需要が大きく増えている。また、スマートフォンだけでなく周辺状況を正確に感知する必要がある自動運転車、防犯カメラ、スマートテレビなどにも活用されていて、市場はさらに拡大する見通しだ。パク副社長も「人工知能(AI)、第5世代(G)通信などが本格化すれば、イメージセンサー市場は2030年には現在のメモリー市場(1630億ドル)水準まで成長するだろう」という見方を示した。

  サムスン電子が挑戦するイメージセンサー市場はソニーがトップだ。1990年代後半に世界家電市場で競争した両社の正面対決がこの分野で避けられない。市場調査会社IHSによると、昨年ソニーはイメージセンサー市場で売上高を基準に51.9%の圧倒的なシェアを占めた。サムスン電子は20.5%で2位。

  特にソニーは2000年序盤からイメージセンサー分野に集中してきた。家電でサムスン電子やLGエレクトロニクスに劣勢となり、特にDSLR(デジタル一眼レフカメラ)までキヤノンやニコンに遅れと取ると、イメージセンサーを選択して特化した。ソニーはその後、スマートフォン用にとどまらず、自動車用イメージセンサー開発にも注力し、日産、現代車、ボッシュなどを顧客として確保した。特にソニーは昨年イメージセンサー分野への投資を大幅に増やし、今年は生産能力を昨年より20-30%拡大したという。ブルームバーグ通信は最近、「ソニーのイメージセンサー事業はスマートフォンはもちろん、自動車用など多様なポートフォリオを持つ点が強み」と評価した。

  ソニーは現在、ゲーム、映画・音楽コンテンツ、金融が主力。イメージセンサーはソニーが制覇した家電セット・部品事業のうち最後に残ったプライドということだ。

  サムスン電子はそのソニーのイメージセンサーまで超えることができるのだろうか。スマートフォン用高画素イメージセンサーを先に開発したサムスン電子は、ソニーの強みの車両用も狙っている。クォン・ジンヒョン・サムスン電子センサー事業チームマーケティングチーム長(常務)は「サムスン電子も乗用車用のほか、未来の自動運転車製品ラインナップを準備中」と説明した。昨年10月から準備中の車両用イメージセンサー「アイソセルオート(ISOCELL Auto)」だ。

  専門家は十分に競争できると分析している。ノ・グンチャン現代車証券リサーチセンター長は「サムスン電子がイメージセンサー分野でトップになるには、モバイルや車両用に強いソニーとの正面対決が避けられない」としながらも「両社の研究開発能力、主力事業、規模の経済実現の可能性などをみると勝算はある」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事