【コラム】欧州人もはまる韓国特有の味と趣

【コラム】欧州人もはまる韓国特有の味と趣

2017年05月18日11時12分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  イタリア出身なので観光に関心が多い。イタリアは国内総生産(GDP)の10.2%が観光から出る味と趣の国だ。10年間に韓国の津々浦々を訪ねた私はその魅力にどっぷりとはまり欧州人が韓国をたくさん訪れない点が残念だった。2016年に韓国を訪れた外国人は1724万人に達するがこのうち欧州人は100万人にもならない。

  そこで昨年韓国に旅行に来た欧州人の友人20人ほどと会い、良い点と嫌いな点、改善すべき事案を直接聞いてみた。標本は少ないが彼らから意味ある話を聞くことができた。共通した意見は、韓国は欧州人にとって特別なイメージがないという点だ。普通欧州人は日本といえば空手・着物・畳・芸者などの単語を思い浮かべる。中国といえば万里の長城・天安門・上海・毛沢東、そして珍しい食べ物などを考える。アジアでは韓国といえばだれでも化粧品・K-POP・ドラマ、そしておいしい食べ物などを連想する。だが普通の欧州人は韓国といえば大韓民国ではなく北朝鮮を思い浮かべるのが常だ。

  しかし一度韓国を経験した欧州人の友達は違った。印象的なものを尋ねた質問にほとんどが韓屋、床で寝て床で食事をする珍しい習慣、ライスワイン(マッコリ)、治安と親切さ、漢江(ハンガン)を挙げた。韓屋体験と春川(チュンチョン)・江華島(カンファド)など中小都市旅行もとても満足していた。韓国の多様な食文化に対しては賞賛を惜しまなかった。韓国に来る前に見た案内パンフレットやオンライン情報ではキムチ、ビビンバ、プルコギ、コリアンバーベキュー程度だけが扱われ食文化は単調なものと予想したという。だが実際に体験してみた後はその多様性に驚いたという。パプでビールやワインを飲みフライドポテトやサンドイッチ程度だけ食べていた欧州人は、マッコリ屋でパジョン、エイ、豆腐キムチ、乾き物などを味わい珍しがった。韓定食で多くの食べ物が一度に出てくるのを見て信じられないという表情になった。彼らは異口同音に「韓国を離れてから食べ物が最も懐かしい」と話した。

  彼らは食事の時に焼酎、マッコリ、トックリイチゴ酒など韓国酒を好んで飲んだが免税店でおみやげに買って行けるようなもう少し高級で洗練された韓国酒がないことを残念がった。一度行ってみると満足度が高かったパブ、カラオケ、クラブなどナイトライフについての英文案内も見つけにくい。このため欧州人にとって韓国は訪問後には満足度が高いが来る前には旅行を迷うほかない国になっている。韓国観光の新しい枠組みをどのように組むべきか悩む時になった。

  アルベルト・モンディ/イタリア人、JTBC『非首脳会談』出演者
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事