米大学生ワームビア氏両親の復讐、ロビイスト雇用し対北朝鮮制裁に圧力

米大学生ワームビア氏両親の復讐、ロビイスト雇用し対北朝鮮制裁に圧力

2017年12月06日11時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  北朝鮮から昏睡状態で帰国後に死亡した米国の大学生オットー・ワームビア氏の両親が報復に乗り出した。米議会専門紙ザ・ヒルはワームビア氏の両親がロビイストを雇用して米国政府に対北朝鮮制裁法を通過させるよう圧力を加えたと4日に報道した。

  ワームビア氏の両親は先月10日にワシントンDCのロビー会社マグワイアウッズコンサルティングを雇用し米政府の追加対北朝鮮経済制裁とテロ支援国再指定を模索してほしいと依頼した。ロビーの直接的結果なのかは確認できないがトランプ政権はそれから10日後の20日に北朝鮮をテロ支援国に再指定した。2008年にジョージ・W・ブッシュ政権がテロ支援国から解除して以来約10年ぶりだ。北朝鮮は大韓航空機爆破事件で1988年にテロ支援国に指定され、2008年のブッシュ政権当時に核検証に合意し解除された。

  トランプ大統領は今回北朝鮮をテロ支援国に再指定しながらワームビア氏の話を直接切り出した。彼は「われわれは素敵な若者だったワームビア氏と北朝鮮の残忍な弾圧を体験した数多くの人たちを思い起こす」と話した。米国はその翌日に北朝鮮の海運会社と中国の貿易会社に対する追加制裁案を発表した。

  ザ・ヒルはマグワイアウッズと財務省、ホワイトハウス、国務省などに問い合わせたがこの懸案と関連してロビイストと米国政府の接触があったのかに対する答は聞くことができなかったと明らかにした。

  ワームビア氏の両親はマグワイアウッズを通じてザ・ヒルに伝えた声明で、「私たちは北朝鮮の手中で亡くなった私たちの息子オットーの死と関連し、助言と相談を受けるためにマグワイアウッズのリチャード・カレンを雇用した」と明らかにした。カレン氏はマグワイアウッズの選任パートナーでバージニア州法務長官を務めた。

  これに先立ち9月にワームビア夫妻はフォックスニュースとのインタビューを通じ、「北朝鮮は犠牲者ではない。彼らはテロリストだ。彼らは意図的に、人為的にオットーを傷つけた。彼らはオットーを拉致した。彼らはオットーを拷問した」と話した。また「北朝鮮がテロ支援国リストに入っていないという事実を発見して驚いた。私たちは北朝鮮をテロ支援国リストに入れるようにするだろう」と強調した。

  バージニア州立大学3年生だったワームビア氏は昨年1月に観光で訪問した北朝鮮・平壌(ピョンヤン)の羊角島(ヤンガクド)ホテルから政治宣伝物を持ち出して逮捕され、体制転覆容疑で15年の労働教化刑を宣告された。17カ月間にわたり北朝鮮に抑留され米国と北朝鮮の長期にわたる交渉の末に6月に送還されたがボツリヌス中毒ですでに昏睡状態だった。故郷シンシナティに戻ったワームビア氏は入院してから6日後に22年の短い生涯を終えた。

  ワームビア氏の両親はワールプールとゼネラルモーターズなどに納品する部品製造会社を運営している。父親のフレッド氏は今年初めの記者会見でオバマ政権が息子を解放するためにもっと多くのことをすべきだったと話した。両親はトランプ政権発足後も絶えず息子の送還を促してきた。結局昏睡状態で戻り生涯を終えた息子のために両親が選択したのは合法的な復讐だった。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事