ハン・チョイムの破格露出衣装で激論、「直接リフォーム…関心に感謝」

ハン・チョイムの破格露出衣装で激論、「直接リフォーム…関心に感謝」

2019年01月16日13時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ガールズグループCAMILAのハン・チョイム
  ガールズグループCAMILA(カミラ)メンバーのハン・チョイムがソウル歌謡大賞のレッドカーペットで破格の衣装を披露し話題の中心に立った。

  ハン・チョイムは15日午後、ソウル・高尺(コチョク)スカイドームでタレントのクォン・ヒョクスとともに「第28回ハイワン・ソウル歌謡大賞」レッドカーペットイベントの進行を務めた。

  この日ハン・チョイムは氷点下の天気にもかかわらず、中が明るく透けるロングシースルードレスの中にモノキニスタイルのヌードトーンボディースーツを着て登場した。露出衣装を着たハン・チョイムは野外行事を進めながら寒さのためつらそうだった。苦しそうに「スー、ハー」とため息をつき、現場のカメラにはこの音がそのまま入り込んだ。他の歌手は寒さに震えるハン・チョイムを気の毒そうなまなざしで眺めた。

  行事後オンライン上ではハン・チョイムの衣装をめぐり激しい議論が起きた。「行事を進めなければならない進行者が露骨な衣装を着るのは適切でない」という意見と「堂々とセクシーさを見せた態度がよく見えた」という反応が飛び交った。

  これに対してハン・チョイムはノーカットニュースとのインタビューで、「このドレスは既存の衣装を直接リフォームし、マフラーは別途に用意して巻いた。会社に所属せずに活動するチームであるだけに話題になるのは感謝すべきこと」と話した。CAMILAは現在所属事務所をはじめマネジャーとスタイリストもいない状態で活動しているという。

  ハン・チョイムは「これまでCAMILAの衣装も私が直接準備してきた。普段はボディラインを際立たせた衣装を着るのを楽しむ方だが、(ドレス準備にあたって)足りない部分は多かったがやりたいことがあれば挑戦してみる性格なので大きな心配はしなかった」と明らかにしたと同メディアは伝えた。

  ハン・チョイムはCAMILAのリーダーで、Mnetの『ダンシング9』と『ラブキャッチャー』などに出演したことがある。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事