韓経:韓半島有事の際に米空母・海兵急派…「24時間出撃待機中」

韓経:韓半島有事の際に米空母・海兵急派…「24時間出撃待機中」

2017年12月06日10時44分
[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  「Fight tonight(今夜にでも戦える)」。先月30日に沖縄・普天間にある米海兵隊航空基地。すぐ近くの米第3海兵遠征隊根拠地であるキャンプコートニー。ここで会った米将兵は異口同音に常時戦闘態勢を意味する「Fight tonight」を叫んだ。

  北朝鮮が米ワシントンDCまで飛ばせる大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星-15型」を発射した翌日だっただけに虚勢には聞こえなかった。その上この2カ所は韓半島(朝鮮半島)有事の際に米軍の核心橋頭堡の役割を担う。普天間基地は米軍増員兵力を韓国に積み出す日本国内の最前線だ。米第3海兵遠征隊は緊急状況時に真っ先に韓半島に投入される迅速対応軍の役割をする。彼らは「いついかなる状況が発生しようとも1日以内に韓国に到着できる」と自信を持った。

  日本が非常状況時に積極的な役割をできるという話も聞いた。日本の国策研究機関である政策研究大学院大学(GRIPS)の道下徳成教授は「韓半島有事の際に在日米軍が北朝鮮に安全に上陸するために日本の自衛隊がまず水中地雷である機雷を除去する掃海作戦を展開できる」と話した。戦時にどのような形態であれ韓米日軍事協力がなされる可能性があるという説明だ。

  こうした発言は米国務省が3年ぶりに日本にある米軍基地を韓国取材陣に公開した席で相次いで出てきた。奇しくも北朝鮮が75日ぶりにミサイル挑発を再開し、「韓半島戦争危機論」が再び広がったタイミングだった。その上在日米軍基地は韓半島での戦争勃発時に米増員戦力を展開する国連軍司令部の後方基地役をする所だ。北朝鮮は3月国連軍司令部後方基地を打撃するために弾道ミサイルを発射したと明らかにしたりもしている。

  韓国記者らが訪問した時に在日米軍基地には緊張感が流れていた。火星-15型が発射された先月29日、横須賀海軍基地では北朝鮮のミサイルを迎撃できるSM-3を装着したイージス艦などが出動命令を待っていた。横須賀港が母港である「ロナルド・レーガン」は作戦区域を巡察中だった。横須賀基地は韓半島を含む西太平洋を管轄する米海軍第7艦隊司令部の根拠地だ。翌日普天間基地の飛行場にはコブラ攻撃ヘリコプターと垂直離着陸が可能なオスプレイ「MV-22」が出撃待機中だった。在日米軍関係者らは「韓半島有事の際にはいつでも急派できる準備をしている」と口をそろえた。

  日本にある89カ所の米軍基地には在韓米軍の2倍規模である5万2000人の在日米軍が駐留している。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事