【コラム】被害女性も知らない慰安婦協議(1)

【コラム】被害女性も知らない慰安婦協議(1)

2014年04月16日08時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
国内で4度目となる「平和の少女像」除幕式が15日、城南市庁広場で開かれた。被害者の金福童(キム・ボクドン)さん(88、左)は「日本に過ちを反省させてほしい」と語った。
  李玉善(イ・オクソン)さん(87)の右手と右足には切り傷が鮮明に残っていた。1942年7月に慰安婦として連れて行かれ、中国延辺の慰安所から逃げたが、憲兵に捕まってできた傷だ。「逃亡できないように足を切ろうとした」。李さんは「17歳の時は身震いするほど苦しかった」と語った。

  15日、京畿道広州にある慰安婦被害者後援施設「ナヌムの家」。慰安婦問題だけを議題として扱う最初の韓日慰安婦局長級協議が16日に開かれるが、特別な期待はなかった。ある慰安婦被害者は「明日、何をするって。明日は水曜集会の日では」と尋ねた。

  「おばあさんが納得できる解決策を出すのが目標」と話す外交部は、協議を控えて慰安婦被害女性とも会わなかった。ナヌムの家のアン・シングォン所長は「日本と協議をするには、政府は少なくとも生存しているおばあさんたちが何を望んでいるのか尋ねるべきではないだろうか」とし「ところが電話もない」と話した。

  外交部の態度は日本とも比較される。日本は局長級協議の前に2回、被害者に接触した。2月7日に在韓日本大使館の参事官ら3人がソウル市内のホテルで「ナヌムの家」の関係者に会った。先月17日にも外務省の山本恭司アジア大洋州局課長がアン所長を訪ねた。アン所長は「日本は65年の韓日請求権協定で賠償問題は済み、すでに謝罪したという従来の立場を繰り返したが、少なくとも声は聞こうとした」と述べた。

【コラム】被害女性も知らない慰安婦協議(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事