【コラム】韓国アンティーク家具の節制の美

【コラム】韓国アンティーク家具の節制の美

2018年11月16日14時02分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
【コラム】韓国アンティーク家具の節制の美
  大学で引退したばかりの有名な現代舞踊家の講演を聞くことがあった。30年間バレエと現代舞踊をやってきた、自身の人生に関する内容だった。講師は講義の最後に「私が自分で振りつけした最後の公演をお見せします」と話した。その映像を見た観客は皆驚いた。公演が進行される間、明確な意図を持って腕だけそっと優雅に動かす以外はほとんど動くことなく椅子に座っているだけだったためだ。舞踊のあらゆる動きと技術を体得した彼女がほとんど不動の姿勢で公演した。私たちが困惑した表情を浮かべると彼女は「理解できますか。舞踊を30年間職業とした結果、このような公演をする資格を得ました」と説明した。

  韓国に来てからこの話をしばらく繰り返していた。特に韓国古家具の単純な美に魅了されてから、その舞踊家の話を思い出した。私が暮らしている韓国式家屋の中朝鮮時代の本箱、墨柿の扉付のタンスを見ると共通点がある。欧州や中国の家具を覆っている派手な彫刻は見られない。韓国のアンティーク家具は木本来の美しさを強調するだけだ。桐の豊富なきめ、あるいは墨柿の木から漂う浅い黒い光がその本来の美しい模様を見せている。

  ある友人がこのように説明した。「マーク、これは『節制』と言います。ある者はこれがただの単純な形の家具だと考え、職人が装飾をつける技術や力量がなかったのだろうと思い違いします。しかし、もっと派手な装飾を作る能力や選択権がある職人が意図的に、より単純な芸術品を作る行為を『節制』と言います。木を派手な装飾で覆わないという決定により木本来の美しさを強調するという選択をするのです」

  この言葉は非常に深い言葉のように感じられた。より多くのことをやる能力があるにもかかわらず節制することにする行為には強力なメッセージが含まれている。今になってその舞踊家がなぜ節制を選んだのか理解できる。

  韓国の節制を伺い知ると人生に対する深い教訓を伝えているようだ。私たちが人生の中でできることは色々あるが、そのあらゆることをすべてやることが必ずしも賢明なことではないようだ。このような自制、何か意図的にやらずにその可能性の門を一定部分閉じておく自制力には深い知恵が隠れている。

  マーク・テット(Mark Tetto)/JTBC『アブノーマル会談』元出演者
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事