【社説】平和イベントもいいが、北朝鮮非核化が核心だ

【社説】平和イベントもいいが、北朝鮮非核化が核心だ

2018年04月02日15時48分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  13年ぶりに平壌(ピョンヤン)に韓国歌手の声が響きわたった。チョー・ヨンピル、イ・ソニからアイドルグループRed Velvet(レッドベルベット)まで世代を網羅したK-POPスターが「南北平和協力祈願南側芸術団」の名前で東平壌大劇場のステージに上がり、北の同胞に楽しいひと時をプレゼントした。「春が来る」という舞台タイトルのように、今回の公演を通じて凍りついた南北関係に薫風が吹くようになることを願う。

  しかし、期待とともに懸念も交差しているのが事実だ。青瓦台(チョンワデ、大統領府)は今月27日に板門店(パンムンジョム)で開かれる南北首脳会談をテレビで生中継し、南北首脳が夫婦同伴で昼食を取る案を検討していることが分かった。一山(イルサン)KINTEX(韓国国際展示場)に2000席を越える超大型メディアセンターも運営する計画だ。芸術団と共に平壌を訪れた都鍾煥(ト・ジョンファン)文化体育観光部長官は、「8月のアジア競技大会合同チーム構成」「民族語大辞典共同製作」など、バラ色のシナリオを次々と出している。11年ぶりに再開される南北首脳会談を大々的に宣伝したい現政権の気持ちを理解できないわけではない。しかし、首脳会談の本質である北朝鮮の非核化をまだ議題として確定することもできない状況で、ショー式イベントと広報だけに重点を置いているのではないかという批判も心に留めておいてもらいたい。

  注目するべき部分は米国と国際社会の流れが韓国を北朝鮮制裁戦線から離脱できないように圧迫する方向に向かっている点だ。ドナルド・トランプ米国大統領は南北が首脳会談開催日を発表してわずか数時間後、「韓米自由貿易協定(FTA)改正を北核合意後に先送りすることもありうる」と述べた。韓国が「北朝鮮の完全な非核化」原則から抜け出して迂迴的方式で制裁に穴をあければ苛酷な犠牲を払うことになるという警告も同然だ。国連の制裁の網目もますます小さくなっている。安保理が先月30日、北朝鮮の石油・石炭の海上密輸に加担した容疑で船舶27隻と企業21社、個人1人を制裁リストに追加したのが代表的だ。

  このような状況であるにもかかわらず、青瓦台(チョンワデ、大統領府)関係者は「先に核廃棄、後に補償」が核心であるリビア式解決法を「北朝鮮に適用するのは不可能だと考える」と述べた。「ゴルディアスの結び目」を取り上げ、北核問題の「ワンショット妥結」を主張した青瓦台が、突然、米国が好んできたリビア式解決法の代わりに「段階的解決」へと旋回するような雰囲気だ。金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長が習近平中国国家主席と会って「段階的非核化」に言及した直後だ。北朝鮮に調子を合わせて米国との接点を失い、対立点を作ってしまう結果にならないか、ただ心配だ。

  韓国政府が南北、米朝首脳会談という突破口を開いたことは高い評価を受けて当然だ。だが、米国の対北朝鮮強硬派勢力の拡大と金正恩の電撃訪中で、韓半島(朝鮮半島)情勢を取り巻く不確実性が大きくなった。その上、金正恩は近くロシアも訪問して交渉力をさらに大きくする見通しで、「ジャパンパッシング」問題で窮地に追い込まれた安倍晋三日本首相は日朝首脳会談カードで反転を狙っている。このような状況であるほど、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は北朝鮮非核化を最優先目標にして韓米協力から固めていくべきだ。その基調の上で、周辺国と緊密な疎通を通じて急変する状況に対処していかなければならないだろう。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事