北朝鮮の石炭積載船、中国船と衝突して沈没…北「500万ドル賠償を」

北朝鮮の石炭積載船、中国船と衝突して沈没…北「500万ドル賠償を」

2017年08月09日15時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  国連安全保障理事会決議の禁輸品目である北朝鮮産石炭を積んで中国の港に停泊中だった北朝鮮の貨物船が、中国船とぶつかって沈没し、朝中間の賠償金交渉が進行中であることが確認された。

  中国政府の消息筋は7日、「江蘇省連雲港市の内港に停泊中だった北朝鮮の石炭運搬船が3月中旬の深夜、中国船との衝突で沈没した」と伝えた。当時、北朝鮮の貨物船は石炭を積載して入港したが、中国が国連の制裁のため荷役を拒否すると、北朝鮮に戻らず港に船を長期停泊させた状態だった。これに先立ち中国商務省は「北朝鮮産石炭の年間輸入量限度を規定した安保理決議2321号に基づき、2月中旬以降、一切の石炭輸入を禁止する」と発表した。

  事故を起こした船は中国国営企業所属の船だった。消息筋は「視界の確保が難しい0時ごろ発生した事故であり、故意にぶつかったのではない」とし「北朝鮮船員は全員、連雲港市内のホテルにいて人命被害はなかった」と伝えた。沈没した船はまだ引き揚げられていない。

  事故の責任が中国側にある状況で、北朝鮮側と中国関連機関の間で賠償交渉が始まった。朝中間で初めての船舶賠償協議が始まったのだ。北朝鮮側は平壌(ピョンヤン)から派遣された人物が協議をし、中国は外交部と交通部、海事局が交渉に出席した。北朝鮮側は船舶と石炭を合わせて500万ドル(約56億ウォン)ほどの賠償を要求した。双方は何度か交渉をしたが、賠償金額に隔たりがあり、最近まで合意していない。

  事故が発生した連雲港の港は山東省日照市などとともに北朝鮮産石炭の輸入港として活用されてきたところだ。連雲港海関(税関)の統計によると、昨年連雲港の港を通じて181回にわたり計84万トンの石炭が輸入されたが、その大半が北朝鮮産無煙炭だった。ある消息筋は「金額は折衝中であり、双方が譲歩して適当なラインで近く妥結するようだ」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事