慰安婦被害女性「時間・余裕、あまり残っていない」…国際訴訟の立場発表

慰安婦被害女性「時間・余裕、あまり残っていない」…国際訴訟の立場発表

2015年06月23日16時35分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  旧日本軍慰安婦被害者は23日、日本を相手取って起こす米国訴訟についての立場を明らかにした。

  慰安婦被害女性は同日、京畿道広州(キョンギド・クァンジュ)の「ナヌムの家」で記者会見を行い、「終戦70年、韓日国交正常化50年。もう日本の反省を待つ時間も、心の余裕もそんなに残っていない」とし、米国裁判所に損害賠償訴訟を提起することになった経緯を明らかにした。

  今回の米国訴訟の法律代理人である弁護士は「河野談話や村山談話など、首相の意見表明が日本政権が変わるたびにゆがめられたり縮小されたりする現象が毎回繰り返されている」とし「国際訴訟を起こして日本慰安婦被害者問題を確実に解決する方法を探りたい」と伝えた。

  しかし、日本政府が慰安婦被害女性に謝って積極的に解決方法を探る用意があるなら、訴訟の取り下げもありうるとの立場を伝えた。弁護士は「訴訟準備は2カ月前にすでに終えていたが、今まで提訴しなかったのは日本政府の誠意ある返事を待っていたため」としながら「被害女性の方もそんなに大勢残っておられるわけではない状況で時間が迫っているため日本政府の回答期限を7月にした」と説明した。

  これに先立ち、「ナヌムの家」は慰安婦被害女性が日本政府や企業、メディアなどを相手取り米国の裁判所に2000万ドルの損害賠償訴訟を起こす予定だと明らかにした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事