【社説】安倍首相、村上春樹氏の良心の声に耳を傾けるべき

【社説】安倍首相、村上春樹氏の良心の声に耳を傾けるべき

2015年04月18日08時09分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  日本の世界的な作家、村上春樹氏(66)が17日に報道された共同通信のインタビューで、「日本は相手国が『もういい』というまで謝るしかない」と強調したのは、良心勢力を代弁する勇気ある発言だ。ノーベル文学賞候補にも挙がっている村上氏がこのインタビューで「歴史認識はとても重要であり、しっかりと謝罪することが大切だ」と述べたことは、日本にも歴史問題に正しい認識を持つ知性人が少なくないことを見せてくれる。

  村上氏の今回の発言は、8月の戦後70年談話(安倍談話)で「侵略」「植民地支配」「お詫び」という言葉を避けようとする安倍首相に覚醒を促したという意味がある。その間、安倍首相が見せてきた右傾化に対する日本の知性人の憂慮をそのまま表したのだ。このような村上氏の指摘に共感する日本人は少なくないはずだ。今回の発言をきっかけに、認めるべき過去の過ちをはっきりと認め、謝罪するべきことは素直に謝罪する誠意ある姿勢こそ、日本を普通の国にする最も大きな力になるという認識が日本国内に広がることを望む。

  村上氏の苦言に最も耳を傾けるべき人は安倍首相だ。安倍首相は、日本がこのように自らを省みる知性の力によって文化の発展を成し遂げたことを忘れてはいけない。特に「謝ることは恥ずかしいことではない」という村上氏の言葉を吟味する必要がある。村上氏の言葉通り「細かい事実はともかく、他国に侵略したという大筋は事実」であるからだ。

  我々は太平洋戦争終戦70年を迎える意味深い年に、日本国内でこうした自省の声が出てきたことに注目する。日本国内に良心が生きていることを見せる、勇気ある発言であるからだ。村上氏の発言は、日本が侵略の過去へ回帰しないよう警戒する内部知性人の声を代弁するものと見ることができる。こうした声が高まり、日本社会がバランスを取って隣国との認識の隔たりを減らす努力を強めることを期待する。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事