【時視各角】「アゲイン2007」を待ちながら=韓国

【時視各角】「アゲイン2007」を待ちながら=韓国

2017年10月10日12時10分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
金鉉宗(キム・ヒョンジョン)産業通商資源部通商交渉本部長(右から2人目)が4日(現地時間)、米ワシントン通商代表部で開かれた「第2回韓米FTA共同委員会特別会合」に出席し、ライトハイザー代表らとともにFTA懸案について意見を交わしている。
  先週、ワシントンでの韓米自由貿易協定(FTA)交渉を控え、金鉉宗(キム・ヒョンジョン)通商交渉本部長が「業務外」として進めたことが一つある。ジョージタウン大バスケットチームのパトリック・ユーイング監督の自筆サイン入りバスケットボールを確保することだ。敵将のライトハイザー米通商代表部(USTR)代表はジョージタウン大の学部と大学院を出た、誰もが認めるバスケットファンだ。母校のバスケットチームの年間シーズンチケットを毎年必ず確保する。金本部長は今季赴任した往年のスター、ユーイング監督からサインボール2球を受け、ライトハイザー代表と1球ずつ分け合おうとした。日程が合わず実現しなかったが、「警戒心を低める」作戦の一環だった。一方で金本部長は韓国の交渉団に厳命を下した。「米国側と握手を交わす時に絶対に頭を下げたりお辞儀をしないこと」。小さなこと一つでも同等な関係が崩れれば交渉に影響を及ぼすという長い経験のためだった。10年ぶりの「韓米FTA再決闘」はこのようにあらゆる手法とディテールが動員される総力戦だ。

  2007年当時、最初のFTA相手国候補は日本だった。しかし金鉉宗本部長は誰も考えていなかった米国に目を向けた。「遠い国と親交を結んで近い国を攻撃する」という「遠交近攻」だった。中国戦国時代に范雎が秦の王に進言した外交戦法。ただ、金本部長は米国と輸出品目が重なるメキシコ・カナダに先に接触した。「相手国の競争国」に触れて相手国を動かす戦略だった。すると消極的だった米国が先に予備協議を提案してきた。結果は韓国の一本勝ちだ。

  2017年に状況は大きく変わった。米国は北核危機を高めた後、経済的利益を得ようとする「声安撃経(安保イシューを活用して経済利益を得る)」戦略に出た。さらに保護貿易強硬派のピーター・ナバロ国家通商会議(NTC)委員長が韓米FTA破棄の先鋒に立った。スティーブ・バノン首席戦略官の残存勢力もいる。何よりもトランプ大統領本人が「米国優先主義」に該当すれば何でもしようとする。

  勝負は今からだ。金鉉宗本部長は就任時に「声東撃西」を強調した。東側で声を出して西側を撃つという意味であり、敵を混乱させて意表を突く計略だ。来月、韓国の交渉チームがロシアを訪問するという。ロシア・カザフスタン・ベラルーシ・キルギスタン・アルメニアなどで構成された経済共同体(EAEU)とFTAを締結するための第一歩となる。ロシアを仮想の敵とする米国に向けた対抗作戦だ。しかし金本部長がいう「声東撃西」はそれだけを意味するのではないようだ。基本的に金本部長は引き分ける戦いでなく勝つ戦いを目指す。すでに彼の頭の中には米国の「声安撃経」を逆にはね返す「声経撃安(FTAで安保利益を図る)」の逆発想まであるのかもしれない。もちろんここには経済安保に該当する韓米間通貨スワップも含まれる。最近会ったキッシンジャー元国務長官が彼に尋ねた「強い同盟と普通の同盟の差は何だと思うか」という言葉が金本部長の胸をえぐっている。

  10年前、彼は毎晩、真っすぐに座って「私に力を、国に運を与えてほしい」と祈った。しかし最近は頭が前に傾いて額を床にあてながら祈る日が増えたという。10年前に比べて変数と状況的限界は増え、苦悩と心的負担が重くなったからだろう。一部では「再交渉をしないと言いながらなぜ突然再交渉になったのか」と叱責の声が出ている。そういうこともある。しかし交渉術は生き物と同じだ。どっちみち最終結果で決まる。「勝つ交渉」金本部長の「アゲイン2007」の奇跡を信じたい。

  金玄基(キム・ヒョンギ)/ワシントン総局長
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事