【社説】依然とした北核脅威のためにより強固にすべき韓米同盟

【社説】依然とした北核脅威のためにより強固にすべき韓米同盟

2018年11月16日13時38分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  文在寅(ムン・ジェイン)大統領とマイク・ペンス米副大統領が昨日、シンガポールで会談して韓米同盟の重要性に口をそろえて強調したのは時宜を得たものだった。文大統領は「北朝鮮を対話に引き出し、今の状況を作り出したのは強力な韓米同盟の力」とし、北核解決に関連した両国関係の重要性に言及した。ペンス副大統領も「両国間同盟は自由に向けた戦いで結ばれたもので、とても重要な関係」と強調した。

  これまでの韓半島(朝鮮半島)の歴史を振り返ると、当然のことのように聞こえるかもしれない。だが、最近の状況のせいでその響きが小さくない。まず、依然とした北核脅威がさまざまなルートを通じて確認されている。昨日、国会懇談会で国家情報院は「北朝鮮が核弾頭の小型化を継続しているか」という質問に「そのように推定している」と答えた。12日には北朝鮮が非核化を約束したが、13カ所の未申告ミサイル発射基地を運営中という米戦略国際問題研究所(CSIS)の報告書が公開されて大きな波紋を呼んだ。

  そのような危機の中でも北朝鮮への制裁をめぐる韓米間意見の隔たりは依然として残っている。ペンス副大統領が文大統領との会談で「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)を実現するために、努力を続けたい」とし「多くの発展があったが、やるべきことはまだ多い」と指摘したのは注目すべきところだ。遠回しに話したが、非核化のためには制裁緩和が優先されるべきだという文在寅政府の主張に反論したものといえる。

  特に、南北鉄道・道路協力事業をめぐる両側間対立は深刻だ。この異見を解決するためのワーキンググループ会議が20日に開かれるかどうかも未知数だ。こうした中で「中国が韓米同盟を破るための方法を探っている」という米議会傘下機関の分析まで昨日、発表された。要するに、いざという時は水面下に隠れていた韓米間異見が突出するところだ。なおさら、両側は揺るぎのない韓米間協力が核解決の必要条件であることを一時も忘れてはならない。
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事