「スキーマニア」のロッテ辛東彬会長、平昌五輪に50億ウォン後援

「スキーマニア」のロッテ辛東彬会長、平昌五輪に50億ウォン後援

2016年01月25日10時55分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ロッテグループの辛東彬会長(左から4人目)が23日、江原道(カンウォンド)の平昌スキー場でクロスカントリー国家代表選手を激励した。ロッテは2018年平昌冬季五輪のテスト競技に50億ウォンを後援する。(写真=ロッテグループ)
  「スキーマニア」としてよく知られているロッテグループの辛東彬(シン・ドンビン)会長が2018年平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)を本格的に支援する。大会開催の成功のために50億ウォン(約5億円)の後援意志も明らかにした。

  大韓スキー協会の会長を務めている辛会長は今月22~24日の3日間、2018平昌冬季五輪の開催が予定されている江原道(カンウォンド)の旌善(チョンソン)アルペン競技場の開場記念式に参加してスキー国家代表選手およびその指導者と懇談会を行った。

  懇談会で辛会長は選手団の士気を鼓舞するために韓国で最高水準のメダル報奨金はもちろん、韓国の競技団体としては初めて4~6位にも報奨金を支給すると明らかにした。また、雪上種目の有望選手育成のためにユース五輪やジュニア世界選手権などの主な国際大会でもインセンティブを提供する考えだ。

  ロッテグループはまた、平昌冬季五輪の成功的開催のために、来月6日から2日間開催される「テストイベント」に50億ウォンを後援する。テストイベントはオリンピックが開かれる競技場の事前テストの一環として開かれる国際大会だ。

  6日から旌善アルペン競技場で開催される国際スキー連盟(FIS)アルペンスキー・ワールドカップがスタートする。テストイベントは本大会の成功を計るバロメーターとされていることから、ロッテはさまざまな支援を惜しまない予定だ。

  辛会長は2014年11月から大韓スキー協会の会長として活動してきた。辛会長は「平昌五輪の全種目への出場と冬季五輪初のメダル獲得、そして大会開催の成功のために各種支援を惜しまない」と話した。

  辛会長のスキー愛は広く知られている。大学時代はスキー選手として活躍したほどの「プロ級」の実力を備えている。辛会長は23日、冬季五輪が開かれるスキー競技場を点検する中でも、自らスキー装備を着用して国家代表のコーチ陣と最上級コースを滑降した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事