韓国映画『アレルギー』、日本の福岡インディペンデント映画祭グランプリ受賞

韓国映画『アレルギー』、日本の福岡インディペンデント映画祭グランプリ受賞

2016年09月02日15時14分
[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
福岡インディペンデント映画祭2016でグランプリ作『アレルギー』で主人公のビョンウを演じたソ・ヒョンウ。(
  俳優ソ・ヒョンウが主役を演じた映画『アレルギー』が日本の福岡インディペンデント映画祭2016でグランプリを受賞した。『アレルギー』のグランプリ受賞は歴代受賞作品で始めての外国作品であり初めての韓国作品であるという点でその意味が大きい。

  同映画祭審査委員長は映画『ジョゼと虎と魚たち』で韓国の観客にもよく知られている犬童一心監督。犬童監督は『アレルギー』について「ヒョン・スルウ監督は平凡な一日を特別な一日に変えた優れたストーリー展開を通じて、窓と光、そしてロングショットで独特のユーモアを作っていった」とし「脚本も撮り方も素晴らしく、ビョンウ(ソ・ヒョンウ扮)とミンジ(キム・イジョン扮)の2人の主演俳優の演技は素敵なアンサンブルを作り出した」と評した。

  引き続き「特にソ・ヒョンウさんの演技が印象的だった」とし「動物的で本能的な行動をするソ・ヒョンウさんが登場して映画のおかしみがさらに増した。しらじらしくて本音が読めない彼の演技は多くの日本俳優の演じ方には見られないユニークさがある。日本でも演技活動をすればどうだろう」として絶賛と関心を示した。

  『アレルギー』の主演俳優ソ・ヒョンウは「今回の映画祭を通じて普段から俳優として憧れた犬童一心監督から好評と関心を集めることができ、韓国作品として始めてグランプリを受賞する光栄も一緒に享受している」とし「一日一日に驚き感謝を感じている。今後も俳優という職業にプライドを持って良い作品を通じてさまざまな映画祭でご挨拶できればと思う」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事