<サッカー>欧州リーグ4強に旭日旗…韓国人教授「旭日旗はナチス旗と同じ意味」抗議

<サッカー>欧州リーグ4強に旭日旗…韓国人教授「旭日旗はナチス旗と同じ意味」抗議

2018年05月08日14時28分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  4日(日本時間)にスペインのワンダ・メトロポリターノ競技場で行われたアトレチコ・マドリード-アーセナルの2017-18シーズン欧州サッカー連盟(UEFA)欧州リーグ準決勝の第2戦で観客席に旭日旗が登場し、論議を呼んでいる。

  韓国誠信女子大の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授は8日、「あるネットユーザーの情報提供で知ったが、アトレチコ・マドリードファンの一部が旭日旗を持って応援してきた事実を確認した」とし「アトレチコ・マドリードのユニホームが旭日旗と似た赤縞のデザインだとしても、ファンが旭日旗を持って応援するのは本当に間違っている」と述べた。

  続いて「スペイン自国リーグで使用するのも問題だが、全世界のサッカーファンがテレビで見ている欧州リーグでの旭日旗応援は看過できない問題だと見なして球団側に抗議メールを送った」と伝えた。

  抗議メールはアトレチコ・マドリードの会長およびオーナー、球団の公式メールアカウントおよびSNSアカウント、そしてファンクラブ側にも伝えられた。メールで徐教授は旭日旗はナチスの旗と同じ意味ということを説明し、今後はファンの旭日旗応援を制裁してほしいと要請した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事