「民衆は犬、豚」発言の韓国教育部公務員を罷免

「民衆は犬、豚」発言の韓国教育部公務員を罷免

2016年07月12日14時55分
[ⓒ 中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
ナ・ヒャンウク教育部政策企画官
  韓国教育部が「民衆は犬、豚」という妄言で物議をかもして公憤を買ったナ・ヒャンウク教育部政策企画官を罷免することにした。

  教育部は12日、政府ソウル庁舎で記者会見を開き、「ナ・ヒャンウク政策企画官を罷免することにした」とし「公務員として不適切な妄言で国民の心に大きな傷を残し、公務員全体の品位を深刻に傷つけた」と述べた。

  教育部は今回の事件に対する調査を早期に終え、13日中に中央懲戒委員会に懲戒議決を要求すると同時に、ナ政策企画官を職位解除処分とする予定だ。

  ナ政策企画官は7日、報道機関の記者らと食事をした席で「民衆は犬、豚として扱えばよい」「身分制を強化しなければいけない」などと発言し、国民の怒りを招いた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事