「ポンデギを食べていなければ韓国生活初心者」

「ポンデギを食べていなければ韓国生活初心者」

2009年06月26日16時09分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
   「ポンデギを食べたことがなければ韓国生活を完全にしたとは言えない」

  タブロイド版在韓米軍週間紙「Morning Calm」が最近、ポンデギに関する記事を載せた。 同紙はポンデギの写真を大きく載せ、「ポンデギ(bundaegi)を食べていなければ韓国生活を完全にしたとは言えない。 ポンデギはソウルで人気満点のおやつの一つで、1カップ1000ウォン(約75円)。 これが何か知っているか。カイコを蒸したものだ」と説明した。

  同紙は竜山(ヨンサン)・東豆川(トンドゥチョン)・平沢(ピョンテク)・大邱(テグ)などの米軍部隊に配布されるタブロイド紙で、駐韓米軍の消息や韓国生活情報などが掲載されている。

  ハン・ヨンヒ・ソウル市観光振興担当官は朝鮮日報とのインタビューで「韓国のさまざまな姿を知らせようという趣旨は十分に理解し共感できるが、トッポッキ・たい焼き・ホットッのように外国人も負担なく楽しめる食べ物ではなく、なぜポンデギを取り上げたのかよく分からない」と話した。

  パン・ウダル・ソウル市衛生課長も「私たちは以前から食べてきたが、韓国を代表する食べ物として外国に伝えられるのは少し抵抗感がある」と語った。

  これに駐韓米軍のアン・チャンシン民事官は「該当写真は米軍軍務員の編集者が昨年末、果川(クァチョン)ソウル大公園地下鉄駅の入口で撮影したもの」とし「ポンデギの正体は何かという駐韓米軍と軍務員の質問が殺到し、説明しようという意味で紹介したにすぎない」と話した。

【ホットクリック】

・ マイケル・ジャクソンさん、心臓まひで死亡
・ 三星電子、米国で液晶関連特許訴訟でシャープに勝訴
・ 少女時代、「ゼロ戦」論争招いたジャケットの修正版を公開
・ 先生のほほ叩き「正当防衛」主張の高校生、裁判の結果は…
・ 黄長燁氏の親戚3人が北朝鮮脱出に成功
・ <水泳>国内トップ選手が世界選手権に出場できないとは…
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事