【時視各角】文大統領、顔赤らめて語調高めるべき

【時視各角】文大統領、顔赤らめて語調高めるべき

2018年04月02日14時52分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  延世(ヨンセ)大学の文正仁(ムン・ジョンイン)教授が数日前、「北朝鮮が非核化のための具体的な動きを見せれば韓国政府が中国・米国と制裁委員会に緩和要請をすることができるだろう」と述べたが、筆者は「非核化に具体性がなければ国際制裁を一層強化するべきだ」とあまのじゃくに解釈した。今は金正恩(キム・ジョンウン)への甘い一言よりも本当の厳しさを示す時だ。文教授は過去、「韓米同盟が壊れても戦争は防がなければならない」などという軽率で無責任に聞こえる言葉で韓国社会を混乱させたことがあった。4月27日、板門店(パンムンジョム)で金正恩との会談を準備している文在寅(ムン・ジェイン)大統領はこのような文正仁教授の発言を深刻に受け取らないでもらいたい。

  その代わり、文大統領はいわゆる進歩政治勢力の代弁者としてではなく、大韓民国5000万人の国民の自尊と利益を守る国家代表として、金正恩に対して顔を赤らめ語調を高める覚悟で臨まなければならない。2018年、板門店で対座する2人の指導者は2000年金大中(キム・デジュン)-金正日(キム・ジョンイル)、2007年盧武鉉(ノ・ムヒョン)-金正日の時とは違い、北朝鮮の核兵器を核心的な議題に据えることになる。以前2回の会談で、金正日は「核問題は韓国とは関係ない。米国の問題」と主張し、韓国側の大統領が沈黙した。今回は文大統領が確固たる立場を明らかにしなければならない状況だ。

  心配になる点は、文大統領のやや紛らわしい北核認識だ。大統領は「北朝鮮核開発は体制の安全保証を受けるためのもの」(2017年9月14日、CNN放送)と述べた。その後「北朝鮮の核とミサイルに脅威を感じているのは韓国も同じだ。韓半島(朝鮮半島)非核化は決して譲歩できない我々の基本立場」(2018年1月10日記者会見)と述べた。北核を理解するということなのか、容認しないということなのか、メッセージが曖昧だ。曖昧さは談判力を損なわせる。

  北朝鮮の核兵器は米国から体制保証を受ける用のものという性格はなきにしもあらずだが、その本性は韓国を脅迫したり攻撃したりして韓国人を支配して手中に収めるということだ。1965年金日成(キム・イルソン)が咸興(ハムフン)軍事学院の開院式で「もう一度朝鮮戦争が勃発すれば日本と米国が介入するだろう。これを防ぐために日米を打撃するミサイルを保有しなければならない」と述べた後から核・ミサイル開発が始まった歴史を思い出してみよう。金日成から金正恩まで代を継承してきた北朝鮮支配者は韓国を共産化するのが目的だった。日米を狙った核・ミサイル開発はただ背後を遮断する手段であるだけの話だ。北核は対米防御用以前に韓国支配用だ。韓国を1次被害者、米国を2次被害者と規定してこそ北核の本性が見える。したがって文大統領は金正恩に米国が心配する大陸間弾道ミサイル(ICBM)よりも韓国の各都市を狙っている短距離核ミサイルをな無くすよう要求しなければならない。

  金正恩は普段から「我々の核は民族の生命であり、統一朝鮮の国宝」(2013年労働党全員会議)と繰り返し話してきた。会談場で冷酷な笑いを見せながら「我々の核武力は民族共同の戦略資産で、同族を狙ったものではない。我々が目の前にある手の平ほどの南朝鮮を乗っ取ろうとして核を作ったと思うか」とそれとなく脅迫するだろう。そうなれば文大統領はきっぱりと顔色を変えて「核兵器は一次的に大韓民国を狙った凶器だ。我々の国民が容認しない。北朝鮮政権がさらに大きな困難にぶつかる場合もあるから放棄せよ」と真実を言うべきだ。現在、韓国が保有している北核に対抗する武器で真実よりも強力なものはない。核のある北朝鮮と核のない韓国が助け合いながら仲睦まじく暮らせるという偽りの平和論が世の中を覆っている。文大統領が真の力を示してくれるよう願う。

  チョン・ヨンギ/中央日報コラムニスト
韓国語で読む
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事